アプリでTOEIC模試が受けれる「アプトレ」が超絶オススメ【PR】

アプトレ

iPhoneでTOEICの勉強ができるアプリは山ほどあるんですが、どれも単語、文法、リスニングなど、スキル別のアプリばかりなんですよね。

そんな中、超本格的なTOEIC対策アプリがリリースされました。それが「TOEIC TEST実力判定アプトレ」です。このアプリがすごいのが、TOEIC全パートの模試を受けれるだけでなく、実力判定スコアが出てしまうところにあります。

そこでトイグルは今回、2016年の神TOEICアプリの予感がただようアプトレをレビューしてみたいと思います。もちろん良い所だけでなく、残念な点も指摘していきますよ。

※このエントリーは、アプトレを提供するappArray株式会社とのタイアップ記事です。

1. 画像で見るアプトレの特徴

はじめに、アプトレの特徴を紹介していきましょう。わかりやすいように画像を中心にお見せします。

まず、アプトレをダウンロードするとこんな感じで、実力判定テストが始まります。

アプトレ

はじめはリーディングパートからです。短文穴埋め問題のPart5が4問ほど。

アプトレ

続いて、長文問題です。長文穴埋めのPart6、次に長文読解のPart7を1題ずつ解きましょう。

アプトレ

リーディングの後はリスニングです。写真描写のPart1から始まり、Part4まですべてを解きます。

アプトレ

実力判定テストが終わると、結果が表示されます。僕の友人は525〜710点のB判定となりました。

アプトレ

アプトレは他にも様々なモードがあります。

アプトレ

例えば「パート別演習」では、Part1から7までの全200問(テスト1回分)の問題が用意されています。書籍で買ったら1,000円くらいはするので、コスパは良いです。

アプトレ

各著名人による、TOEIC受験のコツも見れます。まあ、参考程度に。

アプトレ

アプトレはこんな感じで、模試や問題集を中心とした、極めて実践的なアプリです。おそらく、次のような人に向いているのではないでしょうか。

  • TOEIC受験まで1ヶ月を切り、問題演習を中心に勉強したい人
  • 既に何度かTOEICを受け問題の傾向を把握しているので、たくさん解いて実力をつけていきたい人
  • コストパフォーマンスを重視して模試を解きたい人
※アプトレをリリースしたappArray株式会社は、単語アプリ「マジタン」も出しています。マジタンも初級レベルから超上級レベルまでの単語が揃う本格アプリだったため、個人的に好感を持っています。

2. アプトレの良い所

アプトレを一通り使ってみた、良い点をいくつか紹介しましょう。

2-1. 全問を解かずに実力判定がされる

アプトレの実力判定テストでは、200問すべては解きません。全パートの問題はカバーされてますが、それぞれ2〜3問程度で模擬スコアが出るようになっています。

この辺はアプリならではの長所ですね。200問全部を解くと2時間以上かかるので相当しんどいんですが、アプトレを使えばちょっとしたスキマ時間に実力判定ができます。

2-2. 練習問題が豊富

アプトレは練習問題が豊富です。パート別演習ではTOEICの全200問が用意されているのがいいですね。

TOEICは量をこなさないとスコアが伸びないので、中級・上級レベルの方には嬉しいアプリです。

2-3. 使い終わることができる

単語リストやデイリー挑戦モードを使えば長く使えるアプリですが、アプトレのメインの機能は実力判定テストとパート別演習です。問題の数には限りがありますから、要は使い終わることができるアプリなんですよね。

これって、実は重要なポイントです。TOEICアプリの中には異様な数の問題が収録されていて、永遠に終わらないんじゃないかってものがあるんですが、そうするとゴールが見えないのでモチベーションが保てなくなってしまうんですよ。

アプトレはゴールが見えているアプリですので、その分短期間で集中して使えるんじゃないかと思います。結果的に実力がつきます。

3. アプトレの残念なところ

良い点を紹介してきましたが、ここはイマイチだなぁって点もありました。いくつか指摘したいと思います。

3-1. 実力判定テストでリーディングが先なのはなぜ?

実力判定テストなんですが、なぜかリーディングパートを先に解く仕様になってるんです。TOEICはリスニングパートの後にリーディングなんで、順序が逆なんです。

これはなぜなのでしょうか。何か意図があるのかもしれませんが、アプトレを使うであろうTOEIC経験者には違和感です。

3-2. リーディング長文の文字が小さい

スマホアプリなので仕方ないんですが、リーディング長文問題の字が小さいのが気になります。こんな感じですごく見づらいんですよ。

アプトレ

願わくばiPad版が出てほしいなと。そうすれば文字の小ささ問題は解決するんですけどね。

4. まとめ

ということで、アプトレはいかがだったでしょうか?

色々述べてきましたが、現時点で「かなり良い」TOEICアプリだと思っています。特に、遊びではなく本格的にTOEICスコアを上げたい方にとっては、必需品ではないでしょうか。

定価は600点ですが、その価格に見合った機能となっています。2016年1月末現在はリリース記念で120円です。缶ジュース1本分で模試が解けるなら、相当お得ですね。

ぜひとも試してみてください。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメントを残す

*