一億人の英文法の使い方!TOEICスコアが上がる勉強法を紹介

『一億人の英文法』はベストセラーとなった英文法の参考書である。

「話すための英文法」がテーマだが、会話だけでなく幅広い英語学習に応用できる。

そこでトイグルでは、『一億人の英文法』の勉強法を紹介しよう。TOEIC対策への活用法も解説したい。

  • 記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

*目次

  1. 一億人の英文法とは?
  2. 一億人の英文法の使い方
  3. 一億人の英文法をTOEICに活かす勉強法
  4. まとめ

1. 一億人の英文法とは?

『一億人の英文法』は、東洋学園大学教授の大西泰斗氏と、麗澤大学教授のポール・マクベイ氏によって書かれた英文法の参考書である。

テーマは「話すための英文法」。特徴は次の5つとなる。

  1. 英文法の「形」だけでなく「意味」にフォーカス
  2. ある場面でその文法が使われる「理由」を説明
  3. 専門用語が少なく読みやすい
  4. 図やイラストが多くて視覚的にわかりやすい
  5. 英文法の基礎的な項目がほぼすべて網羅されている

「わかりやすさ」の点で、『一億人の英文法』は他の文法書を圧倒している。

2. 一億人の英文法の使い方

『一億人の英文法』は上手に使えば大変有効な参考書である。

しかし、700ページ近い厚さのため、「読みやすいけど途中で諦めてしまった」という学習者も多い。以下、効果的な活用法を紹介しよう。

2-1. まずは全体を流し読みする

『一億人の英文法』は、骨格→修飾→自由な要素→配置転換→時表現→文の流れと、英語の理解に最適な順で章立てがなされている。

まずは、頭から最後まで、全体を軽く流し読みしてみよう。

ここで重要なのが「完璧な理解は求めないこと」である。よほど高い文法知識を持っていない限り、本書を初見で覚えることはできない。3割程度の理解で良いので、英文法の雰囲気をつかむのを目的に読む。

2-2. わからない文法項目を調べる

『一億人の英文法』は全体を読んだ上で、辞書のように活用することも可能だ。知りたい項目を目次から参照して「調べる」のに適している。

例えば、あなたが英会話を練習しており、否定形のバリエーションを増やしたいとする。そんな時は『一億人の英文法』で否定形の項目を見ると良い。否定の種類や使い方など、様々な用法を確かめることができる。

英語初心者の方は、Chapter.0(英文法の歩き方)を読むだけで良いだろう。文型、修飾、時制に関する表現など、英文法の基礎を理解しよう。

2-3. 読破する

あなたが英語の中上級者で、英文法の全体像をつかみたいと思ったら、『一億人の英文法』をもう一度丁寧に読んでみよう。

ある程度基礎ができてから文法書を読むと、点と点が線につながるような感覚を覚える。これまで別々だと思っていた文法項目に、共通の使い方が確認できるはずだ。

3. 一億人の英文法をTOEICに活かす勉強法

英語の文法力は、大きく次の2つの力に分けることができる。

1つは明示的文法力。「I have a pen. 」なら「Iは代名詞の主格、haveは動詞の現在形、aは不定冠詞、penは単数形の一般名詞…」のように、英文法を分析する力である。

もう1つは暗示的文法力。同じ「I have a pen. 」なら「私はペンを持っている」のように、直感的に文の意味を解釈する力である。

TOEICは明示的文法力と暗示的文法力の両方が必須となる。明示的文法力は文法知識が直接問われるPart5(短文穴埋め問題)で役立ち、暗示的文法力はそれ以外のパートで文の正確な理解に求められる。

『一億人の英文法』は、この2つの文法力を養うのに大変優れたテキストだ。文法の「意味」に比重を置いた説明が多いので、暗示的な文の解釈力向上が期待できる。

勉強法は先に述べたように、

  1. まずは全体を流し読みする
  2. わからない文法項目を調べる
  3. 読破する

といった方法を、必要に応じて行えば良い。

TOEIC文法パート用問題集とセットで使えば、大きな効果を発揮するだろう。

4. まとめ

当エントリーでは、『一億人の英文法』の活用法を紹介してきた。英語を学ぶ人なら誰でも持っておきたい1冊である。

Good luck!

  • Pocket

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後は予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメントを残す

*