英語の名詞とは|初心者が感覚でわかる名詞の3用法まとめ

英語 名詞

英語を学び始めた初心者にとって、名詞の優先順位はあまり高くないかもしれない。

しかし、名詞は文章内で最も頻繁に使われるからこそ、その用法を正しく理解することは重要だ。

当エントリーは英語の初心者・中級者向けに、英語の名詞を基礎からわかりやすく解説している。暗記に頼らず直感て理解できるよう、図やイメージを多用した。

*目次

  1. 名詞とは何か
  2. 名詞の位置
  3. 名詞と数
  4. 名詞の文法
  5. まとめ

1. 名詞とは何か

はじめに、「名詞」と呼ばれる文法の基礎を確認していこう。

既に理解していると思っている学習者も、なんとなくで捉えてしまっていることが多い。復習のつもりでお読みいただきたい。

1-1. 名詞はヒト・モノ・コトの名称

ロングマン現代英英辞典によれば、名詞(noun)は次のように定義されている。

a word or group of words that represent a person, place, thing, quality, action, or idea.

(単語、もしくは単語の集まりで、人、場所、事、性質、行い、もしくは考え方を表すもの)

(出典: ロングマン現代英英辞典)

平たく言ってしまえば、ヒト・モノ・コトの名称を表す英単語は名詞と呼ぶことができる。いくつか例を見てみよう。

  • pen(ペン)
  • information(情報)
  • patience(我慢)
  • water(水)
  • Tokyo(東京)
  • Jiro(二郎)
  • English(英語)

実に様々なジャンルの単語が混ざっていることが、お分かりいただけたであろう。

1-2. 名詞の見分け方

次の表は英語の名詞によくある語尾と、単語の例を示している。このように、英語の品詞は語尾によって見分けることができる。

暗記の必要はないが、あらかじめ目を通しておくことで、スムーズにリーディング・リスニングを行うことができるだろう。

語尾
-tion information (情報)
-sion decision (決定)
-ity identity (アイデンティティ)
-ty beauty (美しさ)
-th health (健康)
-ment supplement (サプリメント)
-ness kindness (やさしさ)
-ance entrance (入り口)
-cy policy (ポリシー)
-er employer (雇用主)
-or doctor (博士)
-ee employee (従業員)

2. 名詞の位置

続いて、名詞が英語の文章内で使われる位置について説明していこう。

従来の英文法では、位置は「格」と呼ばれた。しかし、難しい用語を用いることは理解の妨げになるため、トイグルでは「位置」という呼び名で統一したい。

2-1. 主語として使う名詞

日本語・英語を問わず、文章の中で主人公となる単語は主語と呼ばれる。日本語の文の例で考えてみよう。

  • 健一は英語を話せない。

ここでは、「健一」という名詞が主語として使われていることがわかる。

英語の例も見てみよう。

  • Kenichi does not speak English. (健一は英語を話せない。)

この文は、Kenichi(健一)という人の名前を表す名詞が、主語として使われている。

2-2. 目的語として使う名詞

英語の文章では、主語の動作を表す「動詞」と呼ばれる語句が必ず使われる。その動作の対象となる語句が「目的語」であり、ここには名詞が使われることが多い。

  • I will make a cake. (私はケーキを作ります。)

make(作る)の目的語として、cake(ケーキ)という名詞が使われている。

2-3. その他の位置

名詞は先に紹介した主語及び目的語としてだけでなく、文中の様々な位置に登場する。いくつか例を見てみよう。

*名詞の所有物

名詞を2つ並べ、「’s (アポストロフィ+s)」をつけてA’s Bの形にすることで、AがBに意味を付け加えることができる。

  • a boy’s hat (少年の帽子)

*前置詞の後ろに置かれる名詞

英語では、inやatなどの前置詞と呼ばれる語句がある。

前置詞とともに名詞を使うことで、その文章に時間、場所、性質などの意味を付け加えることができるのだ。

  • I am in Tokyo. (私は東京にいます。)

3. 名詞と数

次に、数の観点から名詞の世界を探求してみたい。

日本語と異なり、英語は名詞を「厳格に」使う言語である。

話し手は、その名詞を1つ・2つと数えられると捉えているのか、それとも数えられないと見ているのか。数えられるのであれば、その数は1つなのか、2つ以上なのか等々、実に様々な運用ルールが存在するのだ。

そこで、英語の名詞は「数」の概念から、次の3種類に分けることができる。

  • 数えられる名詞の単数形 (例: book)
  • 数えられる名詞の複数形 (例: books)
  • 数えられない名詞 (例: water)

1つずつ、説明していこう。

3-1. 数えられる名詞の単数形

すべての数えられる名詞の単数形は、そのモノに境界線が存在する。chicken(ニワトリ)であれば、そこにはリンカク(姿形)のあるニワトリが想像できるだろう。

一羽のニワトリ

数えられる名詞の単数形をやや抽象的に捉えれば、次のような図で表すことができる。物が一つだけある状態だ。

単数形のイメージ

3-2. 数えられる名詞の複数形

複数形とはその名の通り、単数形のモノが複数個集まった形を言う。

英語では、数が2つ以上であれば、それが10でも100でも一律に複数形として扱うため、明確な境界線は存在しない。状況によって数が異なる以上、区切りを描けない。

例えば、chicken(ニワトリ)に-sをつけて複数形chickensにすると、chickenがたくさんいる状態を指す。

たくさんにニワトリ

数えられる名詞の複数形を図で表すと次のようになる。単数形の物が複数集まり、集合体を作っている様子が伺える。

複数形のイメージ

3-3. 数えられない名詞

数えられない名詞には、明確な姿・形は存在しない。

例えばwater(水)であれば、H2Oという物質の集合体が水を作っている。明確な境界線はなく、形が一定しない。

水

数えられない名詞を図で表すと、次のようになる。破線で描かれる小さな丸がその物質の構成要素であり、それらがゆるやかにまとまっているイメージだ。

不可算のイメージ

4. 名詞の文法

最後に、名詞の文法規則を学んでいこう。

英語は名詞ごとに数えられる・数えられないが定まっているわけではない。話し手の伝えたい内容次第で、あらゆる名詞はそのどちらの用法でも使うことができる。

そのため、トイグルで「数えられる名詞」と言えば、それは「話し手が数えられると捉えている名詞」と翻訳してほしい。数えられない名詞も同様だ。

4-1. 数えられる名詞の文法

はじめに、数えられる名詞の文法から見ていこう。

*単数形にはa/anをつける

数えられる名詞の単数形には、その語句の直前にaかanという語をつける。aは子音で始まる語句の前に、anは母音で始まる語句の前に使う。

  • a book (本)
  • an apple (リンゴ)

a/anは、その名詞が単数形であることを伝えるシグナルとなるのだ。

*複数形は語尾に-s/-esをつける

数えられる名詞を複数形として使う場合、その語句の語尾に-sか-esをつける。

  • books (複数冊の本)
  • watches (複数の腕時計)

尚、複数形にa/anをつける必要はない。先ほど解説したように、a/anは単数形を表すシグナルだからだ。

4-2. 数えられない名詞の文法

数えられない名詞を使う際の文法を見ていこう。

*数えられない名詞にはa/anをつけない

数えられない名詞は、a/anを使わずに用いる。

  • water (水)
  • gold (金)

a/anは単数形を表すシグナルであるため、数えられない名詞との相性が悪い。

4-3. すべての名詞に共通する文法

単数・複数・不可算にかかわらず、話し手と聞き手の間で1つのものに特定できる場合、その名詞の前にtheをつけよう。

theには「その」や「例の」に近い意味があり、名詞の意味を特定することができる。

  • I bought a book yesterday. The book is interesting. (私は昨日本を買いました。その本は面白いです。)

尚、theを使う場合は数えられる名詞の単数形であっても、a/anを用いる必要はない。

5. まとめ

多くの文法書では、英語の名詞は様々な角度から詳細に解説されている。しかし、英語初心者は覚えるべき文法規則がたくさんあるため、優先順位を決めて本当に必要なことから学ぶ必要があるだろう。

トイグルでは、日本人が名詞で最も力を入れるべき項目は、位置と数であると考える。そのため、当エントリーはこの2点に絞った解説をしてきた。

英語レベルが上級になっても、位置と数さえ理解していれば、英語は正しく使うことができる。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*