統計で説明!TOEICテスト配点の仕組みとスコア換算表

TOEIC®の配点は複雑であり、正解数を足し合わせるだけでは算出できない。

そこでトイグルでは、TOEIC配点方法の詳細を分析していこう。

スコアのブレと、模試で役立つスコア換算表も紹介する。学習の参考になれば幸いだ。

*目次

  1. TOEICの配点
  2. TOEICスコアの算出方法
  3. TOEICスコアのブレ
  4. TOEICスコア換算表
  5. まとめ

1. TOEICの配点

TOEICはリスニングとリーディングの2セクションから構成される。それぞれ100問ずつのため、合計200問となる。

各セクションの最低は5点、最高は495点。したがって、合計するとスコアは最低10点、満点は990点である。

セクション 最低点 最高点
リスニング 5 495
リーディング 5 495
合計 10 990

200問の試験なのに、最高スコアは1,000点ではなく990点となる。

この理由は、TOEICスコアが正解を単純に足し合わせた合計ではなく、統計的な処理に基づいて算出されるからだ。

そのため、理論的には各回の難易度が調整され、スコアが平等に比較できるようになっている。

例えば、1年前に受験したAさんの600点と、3ヶ月前にBさんが取得した600点は、どちらも「TOEIC 600点」として同じ価値があることを意味する。

2. TOEICスコアの算出方法

TOEICスコアは3つの段階を経て算出される。

まず、リスニング・リーディングのそれぞれのセクションごとに、正解数が足しあわされる。この数は素点と呼ばれ、統計処理が加わる基本となる。

次に、等化と呼ばれるプロセスが行われる。素点が統計的に他の受験者と比較され、試験内容による偏りが出ないよう調整される。

等化が行われると、各受験者のスコアが決定する。これが我々がTOEICスコアと呼ぶ得点であり、公式認定証に掲載されるものとなる。

尚、等化の方法はTOEIC協会が明らかにしていないため、詳細なプロセスは不明である。

3. TOEICスコアのブレ

TOEICでは、受験者が毎回100%の力を発揮できるとは限らない。

疲れていた、会場が暑かった、スピーカーから遠かった、普段と違うシャープペンシルを使ったなど、人間誰しもパフォーマンスにブレが生じるものだ。当然それはスコアにも影響する。

TOEICでは、このようなブレによるスコアの違いが、統計的に次のように明らかになっている。

TOEICスコアは68.2%の確率で、本来の実力からプラス・マイナス50点の差異が発生する。

(トイグル)

これを、簡単な統計学を使って確かめてみよう。

次のグラフは、スコアのブレ幅とその出現確率を表している。

toeic 配点

(図の出典: Wikipediaより)

あなたの「本来のスコア」は横軸の中心「0」の位置にあり、「σ(シグマ)」が1つで50点だ。

例えば、あなたの本来の実力が600点と仮定しよう。すると、あなたが同じ実力のまま受験し続けると、スコアは次のようにブレる可能性がある。

  • 34.1%の確率で600〜650点
  • 34.1%の確率で550〜600点
  • 13.6%の確率で650〜700点
  • 13.6%の確率で500〜550点
  • 2.1%の確率で700〜750点
  • 2.1%の確率で450〜500点
  • 0.1%の確率で750〜800点
  • 0.1%の確率で400〜450点

もちろん、一定期間中に英語力が「同じ実力」のままであることは、いささか非現実的だろう。

しかし、ここで重要なのは、スコアは実力だけでなくブレによる差異が反映される、という事実である。

よって、TOEICは「ぶっつけ本番」ではなく、目標取得までできる限りたくさん受けることが望ましい。

4. TOEICスコア換算表

これまで見たように、TOEICスコアは正答数と必ずしも一致しない。

しかし、正解数とスコアの関係は経験上ある程度判明している。模試を解く時などに役立つため、目安として知っておこう。

TOEICリスニングセクション スコア換算表

TOEICリーディングセクション スコア換算表

5. まとめ

TOEICの配点は複雑なため、はじめは理解が難しいかもしれない。

しかし、TOEICで高得点を狙うのであれば、配点方法は必ず知っておきたい知識の1つである。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

  • Pocket

海の日3連休集中!TOEIC文法対策セミナー

7月15日(土)〜17日(月・祝)の3連休、TOEIC文法パート特化セミナーを行います。


3日間の集中講義で、Part5の全出題パターンを学びます。


お休みを有意義に使い、スコアアップを目指しませんか?


詳細を見てみる

コメント

コメントを残す

*