統計で説明!TOEICテスト配点の仕組みと換算表

TOEIC 配点

TOEICの配点は複雑であり、単純に正解数を足し合わせただけでは算出することができない。

しかし、これまで正答数と配点の関係を深く解説した参考書はほとんどなかった。

そこでトイグルでは、TOEICの配点方法を徹底分析していきたい。スコアのブレと、模試で役立つスコア換算表も紹介するため、学習の参考になれば幸いだ。

*目次

  1. TOEICスコアの基本
  2. TOEICスコアの配点
  3. TOEICスコアのブレ
  4. TOEICスコア換算表
  5. まとめ

1. TOEICスコアの基本

はじめに、TOEICスコアの基本事項から確認していこう。既に知っている方は、読み飛ばしてしまっても構わない。

1-1. TOEICは最低10点〜最高990点

TOEICはリスニングとリーディングの2セクションから構成される試験だ。それぞれ100問ずつのため、合計200問の試験と成る。

各セクションの最低は5点、最高は495点だ。したがって、合計するとTOEICは最低10点、満点は990点の試験となる。

セクション 最低点 最高点
リスニング 5 495
リーディング 5 495
合計 10 990

ここで勘の良い方なら、200問の試験なのに最高スコアが1,000点ではなく990点であること。また、全問不正解でも0点でなく10点となることに、違和感を覚えただろう。

実はTOEICスコアは、正解数を足し合わせた後に、特殊な統計的処理をして算出されるようになっている。そのため、このような中途半端な点数となっているのだ

詳細は後ほど説明しよう。

1-2. スコアは公式認定証に掲載される

TOEICを受験した後、スコアは公式認定証に掲載され郵送される。

例えば、この受験者は915点を取得した模様だ。リスニングが495点満点、リーディングが420点だ。

toeic 配点

公式認定証には統計処理がされた後のスコアしか載らないため、その試験で何問正解したかは不明である。その代わり、各セクションごとに設定されたAbility(能力)の習得度合いを見ることができる。

例えば、リスニングで495点満点を取った先の受験者は、2つの項目で達成度100%、別の2つがそれぞれ93%、94%となっている。

toeic 配点

ここでも不思議な事に、達成度がすべて100%でないにもかかわらず、この受験者はリスニングで495点満点を取得した。これも、TOEICのスコアの特殊な配点によるものである。

2. TOEICスコアの配点

次に、TOEICの配点方法について説明しよう。

2-1. 正解数に統計的処理を加える理由

TOEICでは、毎回の試験が同程度の難易度になるよう、注意深く設計されている。しかし、それでも全く同じ難易度にすることは不可能であり、それゆえ正解数の単純な足し算だけでは、複数のスコアを比較することができない。

そこで、統計的処理を加えることになる。毎回多数の人が受験するTOEICは、難易度が高い回は自然と平均点が低くなり、易しい回は平均が高くなるはずだ。そのため、平均点や正答率の分布を統計的に処理することで、難易度の違いを考慮し真の実力を反映したスコアを算出することができるのだ。

しかしながら、TOEICを運営する米国のETSという団体は、TOEICの配点方法を非公開としている。つまり、統計的処置の手法は我々にはわからない。

当エントリーではETSが発表している公式資料を元に、配点の大まかなプロセスを解説しよう。

2-2. 配点の3プロセス

公式認定証に掲載されるスコアは、大きく次の3プロセスを経て配点されている。

  1. セクションごとに正解数が足しあわされる
  2. 等化(Equating)
  3. スコアが決定

まず、リスニング・リーディングのそれぞれのセクションごとに、正解数が足しあわされる。この正解した数は素点と呼ばれ、統計処理を加えるための基本となる。

次に、等化と呼ばれるプロセスが行われる。これが統計的処理であり、どのような配点方法になっているのかはブラックボックス化されている。

等化が行われると、各受験者のスコアが決定する。これが我々がTOEICスコアと呼ぶ得点であり、公式認定証に掲載されるものとなるのだ。

先ほど紹介した受験者が、リスニングセクションで達成度が100%でない(=不正解があった)にもかかわらず満点だったのは、等化のプロセスで調整が行われた結果だと思われる。

3. TOEICスコアのブレ

次に、TOEICスコアのブレについて解説したい。これは各受験者とも必読の項目だ。

TOEICは統計的処理により、試験の難易度の差でスコアが上下しないよう工夫されている。英語力が同じであるかぎり、理論的には何回試験を受けてもスコアは変わらない。

しかし、TOEIC受験者が本番で毎回100%の力を発揮できるとは限らない。疲れていた時、集中できなかった時、スピーカーから遠かった時、普段と違うシャープペンシルを使った時など、人間誰しも日によってパフォーマンスにブレが生じるものだ。当然それはスコアにも大きく影響する。

TOEICでは、このようなブレによるスコアの違いが、統計的に次のように明らかになっている。

TOEICスコアは68.2%の確率で、本来の実力からプラス・マイナス50点の差異が発生する。

(トイグル)

これを、簡単な統計学を使って確かめてみよう。

次のグラフでは、横線の「0」があなたの真の実力を表すスコアの位置だ。いま「σ=50」のため、次に受ける試験が本来の実力よりもプラス50点(1σの位置)になる可能性が34.1%、マイナス50点(-1σ)になる可能性も34.1%となる。

toeic 配点

(図の出典: Wikipediaより)

例えば、TOEICスコア600があなたの本来の実力だと仮定する。今のまま対策をせずにすぐTOEICを受験する場合、あなたのスコアは次のようにブレる可能性がある。

  • 34.1%の確率で600〜650点
  • 34.1%の確率で550〜600点
  • 13.6%の確率で650〜700点
  • 13.6%の確率で500〜550点
  • 2.1%の確率で700〜750点
  • 2.1%の確率で450〜500点
  • 0.1%の確率で750〜800点
  • 0.1%の確率で400〜450点

したがって、次のような結論を導くことができる。

TOEICを複数回受験すれば、必ずスコアのブレが発生する。スコアが上がっていれば素直に祝杯をあげよう。スコアが下がっていれば、それはブレのせいだから仕方ない。

(トイグル)

4. TOEICスコア換算表

TOEICスコアの配点方法はブラックボックス化されているため、正確な計算方法は不明である。

しかし、TOEICの正解数とスコアの関係は経験上ある程度判明している。模試を解く時などに役立つため、目安として知っておこう。

TOEICリスニングセクション スコア換算表

TOEICリーディングセクション スコア換算表

5. まとめ

TOEICの配点は複雑なため、はじめは理解が難しいかもしれない。

しかし、よく知らない試験で目標達成できるほど世の中は甘くない。TOEICで高得点を狙うのであれば、配点方法は必ず知っておきたい知識の1つである。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメントを残す

*