まだ間に合う!TOEIC本番前に必ず見るべき10の直前技術

--1359708493d1A

TOEIC本番まで、残り僅かな時間となってしまった。十分な対策はできているだろうか?

しかし、諦めるにはまだ早い。TOEICは出題がパターン化されているがゆえ、直前対策でもスコアを大きく上げるチャンスは残っている。

そこでトイグルでは、本番前に必ず知っておきたい10の直前技術を紹介しよう。知るだけですぐに実践できる具体的なワザばかりのため、本番まで時間がない時こそ役に立つだろう。

スポーツもビジネスもTOEICも、ネバーギブアップの精神が勝敗を決定するのだ。

直前対策1: Part1特有の単語を知る

TOEIC Part1(写真描写問題)では、他のパートで出題されない独特の単語が頻出する。

リスニングでは単語力が鍵になるため、これらを知っておくだけで正答率をグンと伸ばすことができるはずだ。

Part1特有の単語を紹介しよう。

  • automobile: 自動車
  • booth: ブース、小部屋
  • cardboard box: ダンボール
  • cargo ship: 貨物船
  • cast a shadow: 影を落とす
  • curb: 縁石
  • equipment: 設備
  • fountain: 噴水
  • gaze: じっと見つめる
  • greet: 挨拶をする
  • laboratory: 実験室
  • ladder: はしご
  • lamppost : 街灯
  • lighthouse: 灯台
  • merchandise: 商品
  • mow: 刈る
  • pedestrian: 歩行者
  • pottery: 陶器
  • shelter: シェルター
  • spectator: 観客
  • staircase: 階段
  • stroll: ぶらつく
  • sweep: 掃く
  • wheelbarrow: 手押し車

直前対策2: 重複キーワードを避ける(Part2)

TOEIC Part2(応答問題)は、試験テクニックが強力に機能するパートである。それゆえ、TOEIC内で最も短期間にスコアを上げることができる箇所だ。

はじめに、Part2で使えるテクニックのうち、1つ目の「重複キーワードを避ける」ワザを説明しよう。これは、設問文で使われた単語を含む選択肢を選ばない、というテクニックだ。

例を見てみよう。

Where is the post office?
(A) I went to my office.
(B) It is across the street.
(C) No, not at all.

質問文では”Where is the post office?” という英語が使われている。

ここでTOEICに慣れていない初級者、あるいは上級者であっても集中力が切れていると、音は耳に残っても、英語の意味が頭に入ってこない状態になる。

その状態で3つの選択肢を聞くと、ついつい質問文に出てきた単語が含まれている選択肢を選んでしまいがちだ。

この例においては、(A)の”office”が”post office“と重複しているため、混乱した受験者は「そういえば質問文で”office”と出てきたから、答えはこれかも」と(A)を選んでしまうのである。

英語の意味を考えれば(A)が正解ではないが、こうした受験者の心理バイアスをついた引っ掛け問題がPart2では多発するのだ。

Part2は3択問題だから、このワザを使って1つでも選択肢を除外すれば、あとは2つの中から答えを選ぶだけでいい。正答率がぐんと上がることがお分かりいただけるだろう。

※ 一部の難問においては重複キーワードが入った選択肢も答えになりうる場合がある。とは言え出題頻度は低いので、TOEIC初級者・中級者は重複キーワードを避けるワザを徹底するだけで、スコアはガラッと変わるだろう。

直前対策3: 最初の一語を聞き取る (Part2)

Part2のスコアをさらに上げる直前対策が、はじめの一語の聞き取りだ。

はじめのワンセンテンスの8割近くが何らかの疑問形なので、最初の一語を確実に聞き取ることができれば、自動的に解答を選ぶことが可能である。

もう一度、先の例を見てみよう。

Where is the post office?
(A) I went to my office.
(B) It is across the street.
(C) No, not at all.

設問は”Where (どこ)”から始まっているので、解答は場所に関する何かである可能性が濃厚だ。また、”Where”はYes/Noで答えられないため、(C)のような解答も自動的に除外することができる。

Part2は後半になると難易度が上がるので、英語の意味を理解する必要が出てくる設問がある。しかし多くの問題ははじめの一語さえ聞き取れれば、英語の意味が多少わからなくても、機械的に解答を選ぶことができる。

直前対策4: 設問だけは先読みせよ (Part3&4)

TOEIC Part3(2人の会話)及びPart4(ナレーション)でスコアアップを図るには、問題の先読みが効果的だ。

しかし、先読みをするためには高いリーディング力が必要であり、TOEIC初級者・中級者は中途半端に先読みをしても、内容が頭に残らずスコアを上げることができない。

そこで、Part3とPart4は設問だけ先読みをするようにしよう。設問内容だけ頭に入っていれば、なんとなくこれから流れる音声の全体像はつかめるはずだ。

また、問われる内容がわかっているため、リスニング音声からヒントとなる箇所を「捉える」ように音を聞くことができる。

直前対策: 設問のみ先読み

直前対策5: リーディングパートは時間管理が命

TOEICリーディングパートは、Part5〜7の3つを75分(=1時間15分)以内に解く。

時間は自分の好きなように配分できるのだが、多くの受験者はPart7の後半で時間がなくなり、リーディングパートのスコアを落としてしまいがちだ。

そこで、リーディングセクションではパートごとに次の時間配分を厳守して欲しい。

  • TOEIC Part5(短文単語穴埋め): 15分 (=22.5秒@1問)
  • TOEIC Part6(長文単語穴埋め): 5分 (=50秒@1問)
  • TOEIC Part7(長文読解): 55分 (=68.75秒@1問)

おそらく、ほとんどの受験者がPart5を15分で解くことは出来ないだろう。その際は容赦なく解答を諦め、残りの問題を適当にマークし、Part6に進もう。Part6も同様に5分以上たったら諦め、Part7に進む。

Part7は長文読解であるがゆえ、その答えのほとんどは長文内にそのまま載っている。初級者でも時間さえかければ解ける問題は少なくなく、それゆえトイグルではPart7にこそ時間を割くべきとアドバイスしている。

直前対策6: 品詞一覧 (Part5)

TOEIC Part5(短文単語穴埋め)では、品詞違いの語句から最も適切なものを選ぶ問題が、よく出題される。

例を見てみよう。この場合、正解は(B)となる。

The ________ businessperson always wakes up early.

(A) succession
(B) successful
(C) success
(D) succeed

英語の品詞の多くは、語尾の違いによって見分けることができる。

そこで、名詞・動詞・形容詞・副詞にありがちな語尾をまとめた。すぐには暗記できないかもしれないが、念のため確認しておこう。

*名詞によくある語尾

  • -tion: information(情報)
  • -sion: decision (意思決定)
  • -ity: identity (アイデンティティ)
  • -ty: beauty (美しさ)
  • -th: health (健康)
  • -ment: supplement (サプリメント)
  • -ness: kindness (やさしさ)
  • -ance: announce (アナウンス)
  • -ence: entrance (入り口)
  • -cy: policy (ポリシー)
  • -er: employer (雇用主)
  • -or: doctor (博士)
  • -ee: employee (被雇用者)

*動詞によくある語尾

  • -en: broden (広げる)
  • -fy: notify (知らせる)
  • -ize/-ise: prioritize (優先する), realise (実現する)
  • en(語頭): enpower (力を与える)

*形容詞によくある語尾

  • -able/-ible (〜可能な): possible(可能な), accessible(アクセス可能な)
  • -al (〜の性質の): financial(財務の)
  • -ant (〜を起こす, 〜性の): brilliant(素晴らしい)
  • -ent (性質・状態): independent(独立した)
  • -ar (〜のような, 〜の性質の): similar(似た)
  • -ed (〜を持った,〜を備えた): limited(限定的な)
  • -ful (〜に満ちた): successful(成功した)
  • -ic/-ical (〜に関する,〜的な): basic(基本的な), economical(経済的な)
  • -ive (〜の性質を持つ): massive(巨大な), active(活動的な)
  • -less (〜のない): useless(使えない), helpless(希望のない)
  • -ory (〜のような,〜の性質を持つ): contributory(一因となる)
  • -ous (〜の多い,〜に富む): enormous(巨大な)
  • -y (〜の性質の): busy(忙しい)

*副詞によくある語尾

ほとんどの副詞は、形容詞の語尾に”-ly”をつけるだけだ

  • financial+”-ly”=financially (財務に)

直前対策7: DPは2つ目の文章の下部と1つ目の文章の上部 (Part7)

TOEIC Part7(長文読解)において、後半は2つの文章を読んで設問に答える、ダブルパッセージ(DP)問題が出題される。

それぞれのダブルパッセージ問題において、最初の1・2問目が1つ目の文章、次の3・4問目が2つ目の文章、そして5問目が2つの文章からヒントを探す形式になっていることが多い。

その中で難問級の5問目は、2つ目の文章の下部と1つ目の文章の上部から答えのヒントを探し出せるパターンになっている場合がある。

例を見てみよう。

Hello

(1つ目の文章の上部)I’m writing this to cancel my subscription and automatic renewal. Following is my information:

Given name: Keith
Family name: Murray
Customer reference number: 06653312

(中略)

===========================================

Dear Mr Murray,

(中略)

(2つめの文章の下部)Should you require any further information please do not hesitate to contact us.

Kind regards,

Customer service

このように、「2つ目の文章の下部と1つ目の文章の上部」を参照することで、答えの根拠を見つけ出すことができる設問が、時折出題される。

「2つ目の文章の下部と1つ目の文章の上部」の法則を覚えておこう。

直前対策8: 集中力持続法

TOEICは合計200問もの設問に答えるため、途中で集中力を失ってしまいがちだ。集中力を高めるテクニックはいくつか存在するが、ここでは「折り返し地点発想法」を紹介しよう。

折り返し地点発想法は次の2ステップを踏むことにより、精神的な圧迫感の解法して集中力の維持を図る。

  1. 今のパートの半分までは「もう◯◯問も終わった」と感じながら進める。
  2. 半分を過ぎたら「あと◯◯問だけ」に切り替える。

折り返し地点発想法

折り返し地点発想法は、全パートで有効だ。ぜひとも試してみてほしい。

直前対策9: 単語を少しでも覚える

直前対策でまだ時間的な余裕があれば、少しでも単語数を増やしておこう。

単語数が増えれば、Part5(短文穴埋め)はもちろん、リスニングの聴き取り力や、長文読解力が上がる。

 

直前対策10: 落ち着く

ここまでの直前対策を終えたら、次に必要なことは精神面での対策だ。TOEICは200問を連続して解く過酷なテストのため、心理的要因がスコアに与える影響は決して小さくない。

本番5分前になったらトイレをすませ、後は落ち着いて席に座っていよう。深呼吸をし、次の2時間を闘う心の準備を行う。

ここまで対策ができたのならば、目標スコアに必ず到達することができる。自分を信じ、全力で問題を解こう。

勝利は目前だ。

*TOEIC直前対策まとめ

TOEICは出題形式がパターン化されている以上、直前対策でスコアを大きく伸ばす余地がある。

トイグルでは、次の10の直前対策を紹介した。

  • 直前対策1: Part1特有の単語
  • 直前対策2: 重複キーワードを避ける(Part2)
  • 直前対策3: 最初の一語を聞き取る (Part2)
  • 直前対策4: 設問だけは先読みせよ (Part3&4)
  • 直前対策5: リーディングパートは時間管理が命
  • 直前対策6: 品詞一覧 (Part5)
  • 直前対策7: DPは2つ目の文章の下部と1つ目の文章の上部 (Part7)
  • 直前対策8: 集中力持続法
  • 直前対策9: 単語を少しでも覚える
  • 直前対策10: 落ち着く

受験者全員の目標達成を願ってやまない。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*