副詞とは|英語の6種類の副詞一覧と使い方のすべて

英語の長文で苦戦してしまう理由に、副詞を十分に理解していないことが挙げられる。実は、英語の1文を長くする要因はたいてい副詞にあるので、副詞の理解度が高くないと意味の切れ目がわからなくなるのだ。

そこでトイグルは英語の副詞を徹底的に研究した結果、副詞の文中での役割にフォーカスを当てた学習法を開発することに成功した。

副詞の本質的な機能がわかるので、長文読解だけでなく、TOEIC Part5のような文法問題にも応用することができる。

それでは副詞の世界へとご案内しよう。

続きを読む

関係副詞とは|図でわかる英語の関係副詞5種類の使い方

上級レベルの英文法としてとして必ず登場する項目に、関係副詞がある。受験や資格試験でなぜか頻出するこの文法の理解に、苦戦を強いられている人も多いのではないだろうか。

実は、関係副詞は日本人が考えているほど難しい英文法ではない。規則性がある文法なので、関係副詞を使うための「2条件」さえ理解すれば簡単に使いこなせるようになるのだ。

それでは関係副詞の学習を進めていこう。

続きを読む

絶対に覚えたい!TOEIC頻出単語500語まとめ

日本人のTOEICスコアが伸び悩む場合、おそらくそのほとんどが単語力不足が原因だ。

Part5(単語穴埋め問題)だけにかかわらず、単語を知らないと長文読解問題で内容が頭に入ってこないし、リスニングでも音声を理解することができない。しかし、多くのビジネスパーソンには英単語をゆっくり暗記している時間はないことが実情だ。

そこで本稿では、TOEICの目標スコアごとに最低でも知っておきたい頻出単語を、500〜900点までの100点刻みでそれぞれ100ほどピックアップした。まずはこれらを覚えることで、単語力の下地をつけよう。

尚、効果的な単語の勉強方法は別項目にまとめている。

続きを読む

仮定法の使い方|たった1つのコツで全用法を理解する方法

仮定法とは「距離感」を意味する動詞の過去形を使うことで、現実と異なる仮定の状況を表現する英文法である。

現在の事実に反することであれば時制を1つ前に戻し過去形、過去の事実に反することであれば時制をhad+完了形の形で用いる。

…と、文字で書いてもまだ分かりにくいかもしれないため、トイグルでは仮定法の用法を1つずつ丁寧に説明しよう。専門用語を極力使わず、わかりやすさを最重要視して説明していきたい。

続きを読む

受動態とは|簡単にわかる英語の受動態の使い方まとめ

受動態あるいは受身形は、学校英語において比較的初期段階で教えられる。

しかし、TOEIC等で問われた時、意外なほど受動態に苦戦している日本人が少なくない。

そこでトイグルでは、受動態の使い方を今一度再確認しつつ、この文法の持つ奥深さについて解説していこう。

受動態の真の背景を理解することで、適切的確に使いこなせるようになるのだ。

続きを読む

不規則変化動詞一覧表と3つの法則

不規則変化動詞とは、過去あるいは完了形で不規則な語の変化が起こる動詞を指す。中学校で習った”go-went-gone”など、たくさんの動詞をひたすら暗記させられ、英語が嫌いになった方も多いのではないだろうか。

そこでトイグルは効果的な学習を追求した結果、不規則変化動詞を3つのタイプにわけるメソッドの開発に成功した。

また当エントリーでは、英語の不規則変化動詞の一覧表も掲載している。頻出単語はもちろん、他では書かれないようなハイレベルな単語まで含めているので、初級者から上級者まで使っていただける構成となっている。

それでは、不規則変化動詞の学習をはじめていこう。

続きを読む