ようやくわかった!自動詞と他動詞の違いをイラストで説明しよう

自動詞とは、動作が主語以外のヒト・モノに影響を及ぼさず自己完結する用法を指す。一方、他動詞とは自分以外のヒト・モノに影響を与える用法である。

自動詞と他動詞は、これまで分類の暗記が学習の中心だったため、「何度覚えてもよくわからない」と感じた方も多いだろう。

そこでトイグルでは、英語の自動詞・他動詞それぞれの持つメッセージ性に注目することで、特徴と違いをわかりやすく解説していこう。

続きを読む

so thatの使い方がすぐに理解できるたった1つのコツ

so that構文とは、接続詞so thatによって2つの文章を1つにつなげる用法を指す。so thatは文章同士の因果関係を示し、目的・結果・程度の3つの意味に分けることができる。

トイグルでは、複雑と思われがちなso that構文の使い方を、わかりやすく説明していこう。

続きを読む

わかりやすい!英語の助動詞9種類の使い方まとめ

助動詞とは話し手が事実の断定を避け、推測を表すために使う語句である。will, would, canがその代表であり、動詞の直前に使用される。

トイグルでは、英語の助動詞9種類の用法を紹介していこう。初心者の方でも読みやすいよう、専門用語の使用を極力控え、わかりやすく説明したい。

助動詞の基礎をほぼすべてを網羅しているため、長文のエントリーとなっている。目次から、知りたい項目を選んでお読みいただければ幸いだ。

続きを読む

先行詞とは|基本から超上級まで先行詞の使い方まとめ

先行詞とは、関係代名詞によって二つの文章を接続する際に、その対象となる単語を指す。ほとんどの先行詞は名詞・代名詞だが、文章の全体または一部が先行詞となることもある。

…と先行詞の特徴を文章で表したところで、すぐに理解できるのは英語の超上級者に限られるだろう。

そこでトイグルでは、わかりやすさを再優先しながら、先行詞の基礎から応用までを徹底解説していこう。

続きを読む

保存版!英語の接続詞28種類の使い方

接続詞とは、より情報量の多い英文を作るため、別の語句や文をつなぐパーツを指す。代表的なものにandやbecauseなどがある。

接続詞はその種類が膨大なため、用法を覚えるのに困っている人も多いだろう。

そこでトイグルでは、英語の代表的な接続詞28種類の使い方をまとめたい。不必要な情報を省き、わかりやすく説明していこう。

項目数が多いため、辞書のような感覚で知りたい箇所から見ていただけると幸いだ。

続きを読む

日本一わかりやすい!関係代名詞の使い方全10種類まとめ

関係代名詞とは、名詞の後ろから情報を付け足す語句を指す。which, who, thatがその代表であり、名詞+関係詞は主語や目的語の位置に使うことができる。

トイグルでは、英語の関係代名詞全10種類の用法すべてを紹介していこう。初心者の方でも読みやすいよう、専門用語の使用を極力控え、わかりやすく説明したい。

尚、関係代名詞の基礎から応用すべてを網羅しているため、長文のエントリーとなっている。目次から、知りたい項目を選んでお読みいただければ幸いだ。

続きを読む