TOEIC Part5 人称代名詞問題の解き方

TOEIC Part5は、短文内の空白に最も適した語句を入れる、文法・リーディング問題である。

中でも、I, my, me, mineなどに代表される人称代名詞問題は難易度が低いため、TOEIC初心者の方でも解きやすい。

当エントリーでは人称代名詞問題に特化し、対策を解説していきたい。

*目次

  1. 人称代名詞問題の解き方
  2. 人称代名詞一覧表
  3. 人称代名詞問題 5つの出題パターン
  4. まとめ

1. 人称代名詞問題の解き方

まずは、人称代名詞問題を解く5つのステップを紹介しよう。

使用する例題はこちら。

As soon as Thiago Lima became a manager, _____ changed the start time of regular meetings.

  • (A) he
  • (B) his
  • (C) him
  • (D) himself

(トイグルオリジナル問題)

ステップ1: 4つの選択肢を1〜2秒程度で把握

はじめに、4つの選択肢を1〜2秒程度で眺める。

  • (A) he
  • (B) his
  • (C) him
  • (D) himself

選択肢にはhe, hisなどの代名詞が並んでいる。これは代名詞問題、より詳細に言うなら人称代名詞問題であることがわかる。

ステップ2: 設問文を読む

次に、空白を含む設問文全体を読む。

この時、文中の語句を意味のまとまりで分け、それを英語の語順のまま頭から理解すると良い。

先の例文は次のように解釈できる。

  • As soon as / Thiago Lima / became / a manager, / _____ / changed / the start time / of regular meetings.
  • 「〜するとすぐに、Thiago Limaが、〜になる、マネージャーに、◯◯は、変更した、開始時刻、通常のミーティングの」

空白は「, (コンマ)」の直後かつ動詞の前にある。コンマの前までは接続詞が使われていることから、空白は文の主たる主語の位置にあることがわかった。

ステップ3: 明らかに不正解な選択肢を除外する

この時点で、明らかに不正解と思われる選択肢を除外する。

TOEIC上級者の方であれば、(B)his, (C)him, (D)himselfが誤りであることに、すぐ気がつくだろう。

しかし、初級・中級者の方であれば、まだ判断ができないかもしれない。

ここはひとまず次のステップに進む。

ステップ4: 文法的に入りうる選択肢を選ぶ

Part5は文法と意味の両面からアプローチする。まずは、文法的に使用可能な選択肢を選ぶ。

空白は主語の位置にある。主語として使えるのは主格の人称代名詞、および所有代名詞だ。

  • (A) he→主格
  • (B) his→所有格
  • (C) him→目的格
  • (D) himself→再帰代名詞

主格の代名詞(A)heが正解候補となる。

ステップ5: 意味で選択肢を絞り込む

最後に、意味から正解の選択肢を絞り込む。

  • As soon as / Thiago Lima / became / a manager, / _____ / changed / the start time / of regular meetings.
  • 「〜するとすぐに、Thiago Limaが、〜になる、マネージャーに、◯◯は、変更した、開始時刻、通常のミーティングの」
  • (A) he→彼/彼が
  • (B) his→彼の
  • (C) him→彼に
  • (D) himself→彼自身

「彼が通常ミーティングの開始時刻を変更した」が意味的にも自然だろう。よって、正解は(A)heとなる。

このように、Part5では複数の人称代名詞から、文脈に合った適切な形を選ぶ力が問われる。

2. 人称代名詞一覧表

代名詞とは、this(これ)やit(それ)のように、名詞の代わりとして用いられる特定の語句を指す。中でも、人を指す代名詞は人称代名詞と呼ばれる。

以下、人称代名詞およびその関連語句一覧を表で見てみよう。

人称代名詞一覧

一覧表から明らかなように、人称代名詞は以下の4要素の組み合わせから決定する。

  • 人称: 一人称(わたし)・二人称(あなた)・三人称(それ以外)
  • 数: 単数・複数
  • 性: 男性・女性・モノ
  • 格: 主格・目的格・所有格

一見複雑に見えるが、一度慣れたら以後は直感的に選ぶことができる。

3. 人称代名詞問題 5つの出題パターン

人称代名詞一覧表を元に、それぞれの用法の出題パターンを解説していこう。

尚、再帰代名詞は人称代名詞とは異なるものの、選択肢に出現することが多々ある。同時に説明していきたい。

3-1. 主格が問われる問題

主格とは、人称代名詞が文の主語として使われる際の形である。

TOEICでは、主語の位置に空白があれば、主格が正解になる可能性が高い。

  • 主語の位置が空白→主格の可能性

冒頭の例をもう一度見てみよう。

As soon as Thiago Lima became a manager, _____ changed the start time of regular meetings.

  • (A) he
  • (B) his
  • (C) him
  • (D) himself

(トイグルオリジナル問題)

主語の位置に空白がある。よって、正解は主格の(A)he。

「Thiago Limaはマネージャーになったらすぐに、通常ミーティングの開始時間を変更した」の意味となる。

3-2. 目的格が問われる問題

目的格とは、人称代名詞が動詞の目的語として使われる際の形である。

TOEICでは、動詞の直後、あるいは動詞+前置詞の直後に空白があれば、目的格を正解候補に入れよう。

  • 目的語の位置が空白→目的格の可能性

例を見てみよう。

Smith told _____ that he was getting a new car. 

  • (A) we
  • (B) us
  • (C) our
  • (D) ours

(トイグルオリジナル問題)

動詞told(話す)は、話す相手を目的語に取る。ちょうど目的語の位置が空白のため、正解は目的格の(B)us。

「スミスは新しい車を得ようとしていたと言った」の意味となる。

尚、目的語の位置には所有代名詞・再帰代名詞も入りうる。それらは後述する。

3-3. 所有格が問われる問題

所有格とは、人称代名詞が名詞の所有を表す用法である。例えば、my carなら「私の車」の意味となる。

TOEICでは、名詞の直前、あるいは形容詞+名詞の直前に空白があれば、所有格を正解候補に入れよう。

  • 名詞の直前が空白→所有格の可能性
  • 形容詞+名詞の直前が空白→所有格の可能性

例を見てみよう。

All employees are advised to bring _____ wallet while going out for lunch.

  • (A) they
  • (B) their
  • (C) them
  • (D) themselves

(トイグルオリジナル問題)

空白は動詞bringの目的語の位置にある。目的格(C)themはそれ単体で用いるため、空白+walletの位置には不適格。

よって、walletの所有者を表す(B)theirが正解。their wallet(彼らの財布)が動詞bringの目的語となる。

意味は「すべての従業員は、昼食に出る間、彼らの財布を持っていくよう助言される」

3-4. 所有代名詞が問われる問題

所有代名詞は「〜のもの」の意味で、主語の所有物を表す用法である。

TOEICでは、主語あるいは目的語が空白で、意味的に「〜のもの」に合う場合、所有代名詞の可能性を検討しよう。

  • 主語が空白→所有代名詞の可能性
  • 目的語が空白→所有代名詞の可能性

それぞれ、簡単な例を見てみよう。

  • 主語に所有代名詞: Yours is better. (あなたのはより良い)
  • 目的語に所有代名詞: I took mine. (私は自分のものを取った)

尚、所有格と所有代名詞の違いは、所有格が名詞と共に使われるのに対し、所有代名詞はそれ単体で使用する。

  • 所有格: This is my wallet. (これは私の財布)
  • 所有代名詞: This is mine. (これは私のもの)

3-5. 再帰代名詞が問われる問題

再帰代名詞は「〜自身」の意味で、行為の対象が主語自身、あるいは主語の行為を強調する際に使う。

TOEICでは、以下のような場面で再帰代名詞が問われる。

  • 動詞の目的語が空白
  • 前置詞の目的語が空白
  • 完全文+空白
  • 主語と動詞の間が空白

それぞれ、例を見てみよう。

  • 動詞の目的語: We’ll hurt ourselves if we are not careful. (私たちは私たち自身を傷つける、もし注意していなければ)
  • 前置詞の目的語: We made something for ourselves. (私たちは私たち自身のために何かを作った)
  • 完全文+再帰代名詞: We planned this project ourselves. (私たちはこのプロジェクトを私たち自身で計画した)
  • 主語と動詞の間: We ourselves have tested the plan. (私たち自身でその計画をテストした) 

尚、再帰代名詞と目的格を混同してしまう受験者は多い。

1つの目安として、主語と空白の代名詞が同じ人物であれば再帰代名詞が使える、と覚えておこう。

  • 再帰代名詞: We made something for ourselves. (We = ourselves)
  • 目的格: Smith told us that he was getting a new car. (Smith ≠ us)

4. まとめ

当エントリーでは、Part5 人称代名詞問題の解き方を解説してきた。

当記事を読んでもっと知りたい!と思った方は、こちらの記事も参照いただきたい。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

6名限定! TOEIC試験入門セミナー in 東京

5月20日(土)、英語初心者向けのTOEIC試験入門セミナーを開催します!


限定6名様の少人数セミナーで、TOEIC600点の全対策を1日で学びます。


独学で悩んでいる方、スコアアップのチャンスをつかみませんか?


詳細を見てみる

コメント

コメントを残す

*