TOEIC Part5 全出題パターン共通の解き方

TOEIC Part5は短文穴埋め問題である。

Part5の設問は語彙・品詞・前置詞・動詞・接続詞・代名詞・比較級があるが、スコアアップの基本は全パターンに共通の解き方を習得することにある。

当エントリーでは、全出題パターン共通の解き方および、その手順を説明しよう。

*目次

  1. Part5は全文を読んで解く
  2. 英文を高速かつ正確に読める「トイグル式読解法」
  3. Part5 解き方の手順
  4. まとめ

1. Part5は全文を読んで解く

Part5は短文内の空所に、最も適した語句を入れる文法・語彙問題だ。

まずは例題を見てみよう。正解は(B)successfulとなる。

The ________ businessperson always wakes up early.

  • (A) succession
  • (B) successful
  • (C) success
  • (D) succeed

(トイグルオリジナル問題)

ここで、Part5の解き方は参考書によって大きく2つの流派に分かれる。

1つ目は、全文を読まずに空白の前後だけを見て解く方法だ。確かに、空白の箇所だけ見て文法ルールに当てはめれば、理論的には正解を選ぶのは不可能ではない。

しかし、この方法には3つの落とし穴がある。

  1. 空白の前後だけを読んで正答すると、正答率が著しく下がる
  2. 空白の前後だけでは解けない問題がある(例: 接続詞問題)
  3. 文法をすべてルールの暗記で解くので、文法力が他のパートに応用できない

たとえ時間を短縮できても、正答率を落とすのは本末転倒だ。

そこでトイグルでは、Part5は原則として全文を読んで解く方法をおすすめしている。全文を読んで意味を理解すれば、正答率を格段に上げることができる。

注: 中・上級者であれば、一瞬見ただけで解ける問題も存在する。そのような設問に限り、空白の前後だけで解いてもOKだ。

2. 英文を高速かつ正確に読める「トイグル式読解法」

Part5は全文を読んで解くことで、正答率の向上を狙う。しかし、文を頭から丁寧に翻訳して読んでいては、Part5だけでリーディングセクションの時間を大きく浪費してしまう。

そこで、英文を高速かつ正確に読むコツとして、トイグル式読解法を紹介したい。これは、英文を意味のチャンク(切れ目)に分け、英語を語順のまま頭から意味を捉える読解方法である。

トイグル式読解法の具体的手順を解説しよう。

2-1. 英文を4要素に分ける

まず、あらゆる英語の文章は、主語・動詞・目的語・追加情報の4つの要素から成り立っている。

  • 主語: 文の主人公 (必須)
  • 動詞: 動作や状態を示す語句 (必須)
  • 目的語: 動詞の必要情報
  • 追加情報: 文章のおまけ情報

例として、冒頭の例文を意味の切れ目で分けてみよう。

主語 追加情報 動詞 目的語 追加情報
The _____ businessperson always wakes up early
◯◯なビジネスパーソンは 常に 起きる 早い時間に

主語と動詞は文章の必須要素であり、多くの場合文の冒頭に位置する。目的語は動詞の意味によっては存在しない。

追加情報は副詞・前置詞・接続詞など、文章に情報を付け足すおまけパーツだ。これらは文の様々な箇所に配置される。例文のように2箇所以上で出現することも珍しくない。

英文を4要素に分けることで、文章が単なる単語の羅列から、意味を持ったカタマリであることが理解できる。慣れてくれば、長い英文も苦なく読めるようになるはずだ。

注: トイグル式読解法では、従来の英文法で言う補語も目的語として分類している。

2-2. 英語の語順のまま頭から意味を捉える

意味の切れ目で分けたら、文章の意味を頭から読み取っていく。

日本語と英語は語順が異なる言語なので、決して自然な日本語に訳そうとする必要はない。英語の語順のまま、頭からぶつ切れで意味を捉えていこう

先の例なら、次のように考えると良い。

  • 「◯◯なビジネスパーソンは、常に起きる、早い時間に」

きちんとした日本語にすれば「◯◯なビジネスパーソンは、常に早起きする」だが、TOEICには翻訳を求められる設問はない。英語の語順のまま理解するクセをつけ、素早く意味を捉えていけるようにしよう。

3. Part5 解き方の手順

これまで、Part5は全文を読んで解くこと、その際英文は「トイグル式読解法」で理解することを説明した。

これらを踏まえ、Part5の解き方の手順を紹介しよう。

手順1: 4つの選択肢を1〜2秒程度で把握

はじめに、その設問内の4つの選択肢を、1〜2秒程度で眺める。なんとなくで良いので出題形式を把握し、心の準備をしよう。

先の例題を見てみよう。

  • (A) succession
  • (B) successful
  • (C) success
  • (D) succeed

似た形の4つの単語が並んでいるため、品詞問題であることが想像できる。

手順2: 設問文を読む

次に、空白を含む設問文を読む。ここでは、先ほど紹介した「トイグル式読解法」を使用しよう。

簡略化のため、ここでは意味の切れ目を「/ (スラッシュ)」で区別した。

  • The ____ businessperson / always / wakes up / early.
  • 「◯◯なビジネスパーソンは、常に起きる、早い時間に」

空白が主語の位置にあることがわかった。

手順3: 明らかに不正解な選択肢を除外する

この時点で、明らかに不正解と思われる選択肢を除外しよう。

例えば、先の文章には既に動詞wakes upが存在するため、動詞(D)succeedはすぐに不正解と見抜けるだろう(1つの文に原則として動詞は1つ)。

  • (A) succession
  • (B) successful
  • (C) success
  • (D) succeed

手順4: 文法的に入りうる選択肢を選ぶ

Part5は文法と意味の両面からアプローチする。まずは、文法的に使用可能な選択肢を選ぶ。

先の例をもう一度見てみよう。

  • The ____ businessperson / always / wakes up / early.
  • 「◯◯なビジネスパーソンは、常に起きる、早い時間に」

空白は主語の位置にある。特に、空白は冠詞Theと名詞businesspersonの間に挟まれている。よって、空白には名詞か形容詞のどちらかが入ると考えられる。

残った3つの選択肢を検証する。

  • (A) succession⇒名詞
  • (B) successful⇒形容詞
  • (C) success⇒名詞

すべて名詞か形容詞である。文法的には3つの選択肢が入りうるため、まだ最終判断はできない。

手順5: 意味で選択肢を絞り込む

最後に、意味から正解の選択肢を絞り込む。

  • The ____ businessperson / always / wakes up / early.
  • 「◯◯なビジネスパーソンは、常に起きる、早い時間に」
  • (A) succession⇒連続
  • (B) successful⇒成功する
  • (C) success⇒成功

「◯◯なビジネスパーソン」に最も適するのは、(B)successfulだろう。よって、(B)successfulが正解となる。

念のため、全文を再度読んでみよう。自然な英文になっていることが確認できるはずだ。

  • The successful businessperson / always / wakes up / early.
  • 「成功するビジネスパーソンは、常に起きる、早い時間に」

このように、Part5は「文構造の把握⇒文法で選ぶ⇒意味で絞る」を高速回転させるプロセスである。

Part5対策で苦戦しているなら、これらプロセスの一部(あるいは複数)の実力がまた十分でないことを意味する。地道に語彙・文法力を上げていこう。

4. まとめ

当エントリーでは、Part5全出題パターンに共通する解き方を解説してきた。

当記事を読んでもっと知りたい!と思った方は、こちらの記事も参照いただきたい。

Good luck!

  • Pocket

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後は予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*