TOEIC Part5 仮定法問題の解き方

TOEIC Part5は短文内の空白に、文法・意味的に最も適した語句を入れるリーディング問題である。

Part5内で出題頻度は低いものの、難易度が高いことで知られるのが仮定法問題だ。

トイグルでは、Part5仮定法問題の解き方を基礎から応用まで解説していこう。

*目次

  1. 仮定法問題の解き方
  2. 仮定法問題を解く3つのポイント
  3. Part5の仮定法問題〜基礎編〜
  4. Part5の仮定法問題〜応用編〜
  5. まとめ

1. 仮定法問題の解き方

はじめに、仮定法問題を解く5つのステップを紹介したい。

使用する例題はこちら。

If I _____ younger, I would go skiing with you.

  • (A) be
  • (B) is
  • (C) was
  • (D) have been

(トイグルオリジナル問題)

ステップ1: 4つの選択肢を1〜2秒程度で把握

まずは、4つの選択肢を1〜2秒程度で眺める。

  • (A) be
  • (B) is
  • (C) was
  • (D) have been

選択肢には動詞が4つ並んでいるため、何らかの動詞問題であると推測できる。とりわけ、be動詞の形違いが並んでいるため、時制に関して注意を配る必要があるだろう。

ステップ2: 設問文を読む

次に、空白を含む設問文全体を読む。

この時、文中の語句を意味のまとまりで分け、それを英語の語順のまま頭から理解すると良い。

先の例文は次のように解釈できる。

  • If / I / _____ / younger / , / I / would go / skiing / with you.
  • 「もし、私が、若かったら、私は、行くだろう、スキーに、あなたと」

文の意味的に、仮定の内容を表していることが推測できる。

また、空白はIf節の中、特にIf節内の主語Iとyoungerの間にあることがわかった。

ステップ3: 明らかに不正解な選択肢を除外する

この時点で、明らかに不正解と思われる選択肢を除外する。

空白の直前の主語はIのため、(A)beと(B)isは入り得ない。よって、この2つの選択肢は候補から外してしまおう。

  • (A) be
  • (B) is
  • (C) was
  • (D) have been

ステップ4: 文法的に入りうる選択肢を選ぶ

Part5は文法と意味の両面からアプローチする。まずは、文法的に使用可能な選択肢を選ぶ。

先の例をもう一度見てみよう。

  • If / I / (be動詞) / younger / , / I / would go / skiing / with you.
  • 「もし、私が、◯◯で若かったら、私は、行くだろう、スキーに、あなたと」

ここで、文の主たる動詞(=If節でないほうの動詞)にwould goが使用されている点に注目だ。

If節でないほうの動詞にwould/could/should等が使用され、かつIf節にbe動詞が入る場合、この文章は仮定法である可能性が高い。If節内の空白に(C)wasを入れれば、文章全体として仮定の意味が出来上がる。

ステップ5: 意味の面から選択肢を検証する

最後に、選んだ選択肢を意味の面から検証する。

  • If I was younger: (実際は若くないが)もし若かったら
  • I would go skiing with you: (実際は行かないが)スキーに行くだろう

If節と主たる文の両方が、現実とは異なる仮定の状況を表していることがわかる。よって選択肢(C)wasが正解だ。

尚、実際に設問を解く際、ステップ4とステップ5は同時並行的に行われることが多い。

注: 仮定法の場合、Iが主語でもbe動詞はwereとなる場合がある。しかし、現代英語ではwasも使用されるため、当エントリーではwasを正解としている。

2. 仮定法問題を解く3つのポイント

仮定法問題を解くための3つのポイントを紹介しよう。

2-1. 事実と仮定の意味を区別する

仮定法問題では、事実と仮定を意味の面から正しく区別する必要がある。先の例題では、次のように整理しよう。

  • 事実: 実際には若くない、実際にはスキーに行かない
  • 仮定: もし若かったら、スキーに行く

2-2. 仮定は時制を1つ前に戻す

仮定法とは、現実とは異なる仮定の状況を、時制を1つ前に戻すことで表現する英文法である。

よって、現在の話の仮定であれば過去形、過去の話の仮定であれば過去完了形(=過去の過去)を用いる。

  現在 過去
現実の話 現在形 過去形
仮定の話 過去形 過去完了形

2-3. 「もう1つの動詞」をヒントにする

Part5の仮定法問題は、If節の文で出題されることが多い。If節の場合、Ifのほうと、Ifがないほうの文章にそれぞれ動詞があり、そのどちらかが空白となっている。

  1. If I _____ younger, I would go skiing with you.
  2. If I was younger, I _____ skiing with you.

Part5の仮定法問題では、両方の動詞の時制が一致していることが多い。よって、片方の動詞の時制がわかれば、もう片方の時制も自動的に判別できる。

例えば、上記の文章1ならwould goは過去形なので、空白も過去形の動詞を入れれば良い。

3. Part5の仮定法問題〜基礎編〜

TOEIC Part5の仮定法問題では、次の2つの出題パターンが頻出だ。

  1. 現在の話の仮定
  2. 過去の話の仮定

それぞれ、見ていこう。

3-1. 現在の話の仮定

時間的な時制が現在であり、その仮定的な内容について問われる問題を見てみよう。

冒頭の例題がそれに該当するため、もう一度取り上げる。

If I _____ younger, I would go skiing with you.

  • (A) be
  • (B) is
  • (C) was
  • (D) have been

(トイグルオリジナル問題)

意味の観点から、事実と仮定を整理しよう。

  • 事実: 私は若くないから、あなたとスキーに行かない
  • 仮定: もし私が若いなら、あなたとスキーに行く

次に、文法の観点から事実と仮定を整理する。

  • am→was (1つ前の時制)
  • will go→would go (1つ前の時制)

今回のケースとは対象的に、would goの部分が空白になる設問もよく出題される。

If I was younger, I _____ skiing with you.

  • (A) go
  • (B) will go
  • (C) would go
  • (D) would have gone

(トイグルオリジナル問題)

空白の位置が別でも、基礎的な考え方は同じだ。

ここでも同様に、「現在の話の仮定」として使われているwasと整合性の取れる動詞を選びたい。よって、答えは(C)would goとなる。

3-2. 過去の話の仮定

時間的な時制が過去であり、その仮定的な内容について問われる問題を見てみよう。

If Ayleen Xu _____ that the meeting was cancelled, she would not have bought a flight ticket to Los Angels.

  • (A) knows
  • (B) knew
  • (C) has known
  • (D) had known

(トイグルオリジナル問題)

意味の観点から、事実と仮定を整理しよう。

  • 事実: Ayleen Xu氏はミーティングがキャンセルになったことを知らなかった、彼女はロサンゼルス行きのチケットを買った
  • 仮定: もしAyleen Xu氏がミーティングがキャンセルになったことを知っていたら、彼女はロサンゼルス行きのチケットを買わなかっただろう

全体的に「過去の話の仮定」となる。時制は過去の過去で表現しよう。

  • knew→had known (過去の過去)
  • will not buy→would not have bought (過去の過去)

今回のケースとは対象的に、would not have boughtの部分が空白になる設問もよく出題される。

If Ayleen Xu had known that the meeting was cancelled, she _____ a flight ticket to Los Angels.

  • (A) did not buy
  • (B) would not buy
  • (C) would not have been bought
  • (D) would not have bought

(トイグルオリジナル問題)

こちらも考え方は同じなため、正解は(D) would not have boughtとなる。

4. Part5の仮定法問題〜応用編〜

TOEICに出題されることは極めて稀だが、難易度の高い仮定法問題も紹介しよう。

4-1. were to

If節の動詞がwere toの場合、未来に関する内容の仮定を表すことが多い。

例を見てみよう。

If it _____ rain tomorrow, the game would be cancelled.

  • (A) be
  • (B) being
  • (C) has been
  • (D) were to

(トイグルオリジナル問題)

意味の観点から、事実と仮定を整理しよう。

  • 事実: 明日は雨になるかもしれない、その場合試合は中止となるだろう
  • 仮定: 明日は雨になると仮定すると、試合は中止となる

次に、文法の観点から事実と仮定を整理する。

  • is to→were to (1つ前の時制)
  • will be canceled→would be canceled (1つ前の時制)

未来を表現するにもかかわらず、仮定を表すため、時制が過去となっている点に注意しよう。

4-2. should

助動詞shouldを使うことで、未来に関する仮定を表すことができる。

If a serious crisis _____, the government would have to take immediate action. 

  • (A) arises 
  • (B) has been arising
  • (C) will arise
  • (D) should arise

(トイグルオリジナル問題)

意味の観点から、事実と仮定を整理しよう。

  • 事実: 重大局面が発生するかもしれない、その場合政府は直ちに対応しなくてはならないだろう
  • 仮定: 重大局面が発生すると仮定すると、その場合政府は直ちに対応しなくてはならない

次に、文法の観点から事実と仮定を整理する。

  • shall arise→should arise (1つ前の時制)
  • will have to→would have to (1つ前の時制)

shouldがshallの過去形であることがわかれば、比較的容易に理解できるだろう。

5. まとめ

当エントリーでは、TOEIC Part5の仮定法問題に特化し、その解き方を解説してきた。

当記事を読んでもっと知りたい!と思った方は、こちらの記事も参照いただきたい。

Good luck!

  • Pocket

9月連休集中講義!TOEIC®文法パート対策セミナー

9月16日(土)〜18日(月・祝)の3連休、TOEIC文法パート特化型セミナーを開催します!


Part5(短文穴埋め問題)に必要な対策のすべてを3日で学びます。


各時間帯限定8名様の少人数セミナーです。連休を使ってスコアアップを目指しませんか?


詳細&申込み

コメント

コメントを残す

*