TOEIC600点を多忙な社会人が最短で達成する方法まとめ

toeic-600

「TOEIC 600点がどうしても必要だ。しかし、参考書やネットにはあまりにたくさんの勉強法が紹介されており、どれが正しいのかわからない。」

このようなお悩みを抱えたTOEIC学習者は多いだろう。TOEIC 600点はおそらく最も多くの受験者が目標にしているスコアゆえ、あらゆる参考書やブログが600点対策に力を入れている。

そこでトイグルでは、社会人TOEIC受験者が「仕事とTOEICを同時並行させて600点を取る」という観点から実践できる、600点対策勉強法を紹介していこう。

TOEICはビジネスと同様、戦略が結果に大きな影響を与える。賢く勉強していこう。

*目次

  1. TOEIC600点のレベル
  2. リスニング勉強法
  3. リーディング勉強法
  4. おすすめ参考書
  5. おすすめアプリ
  6. まとめ

1. TOEIC600点のレベル

はじめに、TOEIC600点の英語レベルを様々な角度から分析していこう。学習の基礎知識として役に立つはずだ。

1-1. TOEIC600点は初心者の最初の壁

TOEIC600点のレベルを、トイグルでは次のように定義している。

TOEIC 600点は初級者が体験する最初の壁

(トイグル)

990点満点のTOEICで600点を取るには、単純計算をすると6割以上の設問に正解している必要がある。難問を除けばある程度自信を持って解ける必要があるため、勘と試験テクニックだけでは通用しにくいスコアだ。

ここで、TOEICスコアの分布を見てみよう。横軸はスコア、縦軸はそのスコアレンジに収まる受験者の割合を指す。

toeic 600_score distribution_160419

(出典: 国際ビジネスコミュニケーション協会)

TOEICの平均点は580点であるため、545点〜595点のレンジ内に最も多くの受験者が集まっている。赤い棒グラフが示すように、TOEIC600点はその右側に属しており、TOEIC学習者の中の上クラスと言える。

1-2. TOEIC600点は英検2級と準1級の間くらいのレベル

それでは、TOEIC600点はどの程度の難易度なのだろうか? これを、我々が馴染みのある英検を目安にして考えてみよう。

TOEIC協会によれば、英検2級を持っている人のTOEICスコアの平均は527点、英検準1級は713点となる。TOEIC600点は英検2級と準1級の間くらいのレベルと考えられる。

TOEIC600点は英検2級と準1級の間くらいのレベル

(トイグル)

英検2級は高校卒業レベルとされており、センター試験の平均点は150点だ。また、準1級を持っていれば、大学入試センター試験が免除となる。

このことからも、TOEIC 600点は綿密な対策が必要な、難易度の高い目標であることがわかるだろう。

※英検とTOEICは異なる試験形式のため、ここで紹介したスコア換算は統計的な目安となる。当該TOEICスコアを持っていれば、直ちに英検2級レベルであることを意味しない。

1-3. TOEIC600点に必要な勉強時間

次に、TOEIC600点取得に必要な勉強時間を明らかにしていこう。次のデータは、現在のTOEICスコアから目標スコアに達成するまでの平均学習時間を表している。

  目標スコア
450 550 650
現在のスコア 350 225h 450h 700h
450 225h 450h
550 225h

(出典: Saegusa 1985より)

例えば、あなたのTOEICスコアが今450点レベルだとしよう。

平日の月・水・金に1時間ずつ、土日に4時間ずつ、合計で月間44時間をTOEIC学習に確保できるとする。TOEIC450点から650点へのスコアアップは450時間かかるので、単純計算で約10ヶ月で達成することになる。

10ヶ月間モチベーションを保ってコンスタントに勉強し続けることは、多くの人にとってハードルが高いだろう。しかし、地道な努力さえすればTOEIC600点は実現不可能な目標ではないのだ。

1-4. TOEIC600点に必要な正答率

TOEICはリスニングとリーディングの2セクションから成る試験だ。それぞれ495点満点で、合計すると990点満点となる。

受験者によって得意・不得意は異なるため、ここではリスニング・リーディング共に300点ずつ取り、合計600点を目指すと仮定しよう。その場合、各セクションで必要な正答数の目安は次のようになる。

*TOEIC600点に必要な正答数の目安

  • リスニング: 54問/100問中
  • リーディング: 58問/100問中

TOEICは特殊な統計処理を加えてスコアを算出するため、リスニングとリーディングでスコア配分が異なる。そのため、リスニングは最低54問、リーディングは最低58問が、600点に到達するための目安となる。

※TOEICスコアはその回の全受験者のスコア分布が加味されるため、毎回素点とスコアの割合が異なる。こちらの計算はあくまで目安としよう。

1-5. TOEIC600点と就職・転職活動

新卒採用であれば、TOEIC600点は履歴書に書いてもいいだろう。ただし、TOEIC600点レベルは企業にとって珍しいわけではないため、できればそれ以上のスコアは持っていたい。

中途採用の場合、TOEIC600点は履歴書に書くべきではない。採用担当には中途半端なスコアに見えるだけでなく、他にアピールできるスキルがないと思われてしまう可能性がある。中途は750点以上あったほうがいいだろう。

2. リスニング勉強法

それでは、ここからTOEIC600点を取るための具体的な勉強法を紹介していく。まずはリスニングセクションの戦略を立てていこう。

TOEICリスニングは、次の4セクションで構成されている。

  • TOEIC Part1: 写真描写問題
  • TOEIC Part2: 応答問題
  • TOEIC Part3: 会話問題
  • TOEIC Part4: 説明文問題

TOEICは2016年5月に試験問題が改正された。比較的難易度が高いとされるPart3とPart4の比率が高まり、リスニングセクションの約7割を占めるようになった。

そのため、TOEIC 600点を狙う場合は全パートをバランス良く対策をし、試験に望む必要がある。

リスニングの3つの対策を見ていこう。

2-1. Part2で7割の正答率を確保する2つのテクニック

TOEIC Part2は応答問題だ。

受験者ははじめに、ワンセンテンスだけの短い英文を聞く。そして、それに対する返答を3つ音声で聞き、意味的に最も自然な選択肢を選ぶ。

Part2の正答率を高めるため、2つの試験テクニックを紹介しよう。600点を狙うならば、どちらも必ずマスターしたい。

*Part2のテクニック1: キーワードを避ける技術

キーワードを避ける技術とは、質問文で使われていた単語が含まれる選択肢は引っ掛けのため、選ばないというテクニックとなる。

例を使って、具体的に説明していこう。

Where is the post office?

  • (A) I went to my office.
  • (B) It is across the street.
  • (C) No, not at all.

質問は「Where is the post office? (郵便局はどこにありますか)」という、シンプルな英文である。しかし、リスニング力が足りなかったり集中力が切れていると、英語の意味がすぐに理解できないことがある。

ここで混乱した受験者は「そういえば質問文でofficeと出てきたから」と、同じくofficeが含まれる(A) I went to my office.を選んでしまいがちだ。Part2はこのような受験者の心理バイアスを織り込んでいるため、重複キーワードのある選択肢の約8割を不正解の内容にしている。

一部の難問では、重複キーワードが入った選択肢も答えになりうる場合があるが、基本的には重複キーワードは選ばないようにしよう。

*Part2のテクニック2: はじめの一語の聞き取り

Part2の禁断のワザ2つ目は、はじめの一語の聞き取りだ。

質問文の8割近くが何らかの疑問形なので、最初の一語を確実に聞き取れれば、自動的に解答を選ぶことが可能となる。

もう一度例を見てみよう。

Where is the post office?

  • (A) I went to my office.
  • (B) It is across the street.
  • (C) No, not at all.

設問はWhere (どこ)から始まっているので、解答は場所に関する何かである可能性が濃厚だ。また、WhereはYes/Noで答えられないため、(C)のような解答も自動的に除外することができる。

Part2後半になって集中力が切れそうになっても、最初の一語だけは必ず聴き取るようにしよう。

2-2. 発音のメカニズムを知って聴き取り力を上げる

日本人が英語のリスニングを苦手とする最大の理由は、英語の発音のメカニズムを知らないからである。

まず、英語と日本語の音の構造は大きくかけ離れているため、我々は英語を往々にして正しく聞き取れない。例えば、rとlの聞き取りを苦手とする日本人は、right(正しい)とlight(明かり)で混乱しがちだ。

リスニングの精度を上げるには、英語の発音を学ぶことが効果的だ。実際の発音があまり上達しなくても、発音のメカニズムさえ理解すれば、リスニング能力は飛躍的に向上する。

ポイントを2つほど紹介しよう。

*発音のポイント1: 発声方法の違いを知る

日本人も英語ネイティブも人間である以上、声帯を使って声を出すことには変わりない。

しかし、日本語は喉を緊張させて話す「口発音」であるのに対し、英語は喉を常時リラックスして音を響かせる「喉発音」である。英語ネイティブが男女問わず立体的で深い声を出すのは、喉をリラックスして英語喉で話しているからである。

例を見てみよう。冒頭でインタビューをする女性とオバマ大統領のどちらも、日本人に比べ深く立体的な声で話していることがわかる。

この事実を知っているだけで、リスニングでの音の捉え方が180度変わってくる。英語の音声を聴くときは、喉の深い音に耳をすませよう。喉発音を意識するだけで、徐々に英語の音が聞こえるようになるはずだ。

*発音のポイント2: リズムの違いを知る

日本語と英語の決定的な違いの2点目が、リズムである。

まず、日本語は「母音+子音」で構成される2ビートのリズムである。例を見てみよう。

  • さよなら = Sa+Yo+Na+Ra

母音(a,i,u,e,o)を1拍と数えれば、さよならはSa, Yo, Na, Raの4拍で構成される単語である。

一方、英語は「母音+子音+母音」が基本となる3ビートのリズムである。例を見てみよう。

  • Good morning = Good+morn+ning

こちらも母音を1拍と数えると、Good morningはGood, morn, ningの3拍で構成されることがわかる。これを日本語のリズムで「グッ・ド・モ・オ・ニ・ン・グ(7拍)」と捉えてしまうから、日本人は英語を聞き取れない。

このように、発声とリズムの違いがわかれば、英語のリスニング力は飛躍的に向上する。音が聞ければPart3(会話問題)やPart4(説明文問題)で、英語の念仏状態になるのを避けられる。結果的に、スコアが大幅に上がることになるだろう。

※これら発音に関してより深く知りたい方は、『4. おすすめ参考書』で紹介する書籍をご参照いただきたい。

2-3. Part3と4は設問を先読みする

Part3は会話問題、Part4は説明文問題であるが、どちらにも共通して出題されるのが内容把握問題だ。これは、音声内容に関する質問に答える設問となり、両パートの大部分を占める問題となる。

ここではPart4の例文を使って、解き方のコツを解説したい。

まずは例題を見てみよう。

Please be advised the following change in local bus service. We propose to shorten Route 35 so that it would not continue on to Central Station as it does now. It would no longer be a 24-hour service; however new Route 35 would continue to provide the night service covering all stops served by the current 35. Bus fares will stay the same until the end of this year.

part4 questions_160416.001

Part4で失敗する受験者の多くが、音声を聴いて内容を「覚えよう」とする。しかし、途中でリスニングについていけなくなり、内容が頭に残らず、設問を勘で解く結果となってしまう。

Part4を解くコツは、音声から解答のヒントを「探す」ように聴くことにある。

したがって、音声が始まる前に設問を読み、問われる内容を予め知っておくことが重要だ。ここでは「この音声の目的は何ですか?」が問われている。

part4 questions_new_160416.001

Part4では、音声と設問の順番は概ね一致する。そこで、先の質問の根拠を探すよう聞き耳を立て、音声を聴く。

  • Please be advised the following change in local bus service. We propose to shorten Route 35 (設問のヒント)

冒頭から「バスサービスについて次の変更点があります」と述べた上で、「ルート35が短くなり・・・」と、路線の変更に関する具体的な話が始まる。

したがって、(B)の「ある路線の変更を知らせるため」が正解だ。

このように、Part3及びPart4は「設問→問われる内容を把握→音声を聴いて解答」のプロセスを徹底していこう。

3. リーディング勉強法

続いて、リーディングセクションの3つの勉強法を解説しよう。

TOEICリーディングは次の3セクションで構成されている。

  • TOEIC Part5: 短文穴埋め問題
  • TOEIC Part6: 長文穴埋め問題
  • TOEIC Part7: 読解問題

2016年5月の改正により、Part7の問題数が54となり、リーディングセクションの半分以上を占めるようになった。TOEIC600点を狙うのであれば、勉強がしやすいPart5・Part6だけでなく、Part7にもしっかり力を入れるべきだろう。

3つの対策を紹介していきたい。

3-1. 圧倒的な単語力の土台を作る

リーディングセクションのスコアを左右する最大の要素が単語力だ。単語力がなければPart5(短文穴埋め)はおろか、Part6(長文穴埋め)やPart7(長文読解)の文章を理解することはできない。

TOEIC 600点目標の場合、次の2つの対策を同時に行って単語力をつけていこう。

単語対策1: 単語帳を使って大量のインプットを行う

圧倒的な単語力を身につけるためには、大量のインプットが必要だ。ここで役に立つのが市販の単語帳であり、これをやり込むことで、単語力の土台を付けることができる。

単語帳は、あなたが知らなかった英単語への「出会いの場」だ。2割程度を暗記できれば十分なため、リラックスして一冊の単語帳を仕上げよう。

トイグルのおすすめは後ほど『4. おすすめ参考書』で紹介したい。

単語対策2: 英文を読んで文脈で覚える

英単語はそれ単体を何度覚えようとしても、完璧に暗記することは難しい。人間の脳は物事をストーリーとして捉えるため、単語帳で英単語をバラバラに学んでも、すぐに忘れてしまう。

そこで、単語は文章などの文脈から覚えることが望ましい。

先ほど説明したように、単語帳を使って英単語に出会っておくことで、脳の片隅にその語句をインプットしておく。ここで英語の長文を読むと、先ほどインプットした単語に「再開」することがある。

すると、脳内で断片的に覚えられていた単語に文脈という意味が与えられるため、単語が暗記から「定着」へと変わるのだ。

このように、英単語は単語帳と文章読解を繰り返し行うことで、覚えることができる。

3-2. 文法の「意味」を学習する

ほとんどのTOEIC学習者が明確に区別していないが、文法学習のコツは、英文法を形・意味・使い方の三要素に分けて理解することにある。

 

英文法の三要素

(Larsen-Freemanより筆者作成)

  • 文法の形: 語句の変化などの文法規則のこと (例: be動詞の活用)
  • 文法の意味: その文法が持つメッセージ (例: 現在形は普遍的な事実を表す)
  • 文法の使い方: その文法が使われる場面や状況 (例: カジュアルvsフォーマル、話し言葉vs書き言葉)

例えば、現在完了形をこの3要素に当てはめると、次のようになる。

現在完了形の三要素

  • 現在完了形の形: have/has+動詞の-ed形
  • 現在完了形の意味: 主語が動詞の動作を完了した状態を、have/hasしている。
  • 現在完了形の使い方: 現在完了形はhave/hasを使うため現在時制。会話・文章問わず広く使える。

TOEICは、大量の英文を限られた時間内に理解し設問を解く「英語処理能力」が問われるため、必要なのは「文法の意味」となる。

そのため、市販の参考書で新たな文法項目を学ぶ際は、それが文中でどのような意味を持つのかチェックするようにしよう。

代表的なものを紹介したい。

  • 受動態: 「〜される」の意味。動詞の動作の対象が主語となる。
  • 関係代名詞: 名詞に文章を連結させて意味を付け足す。
  • 分詞構文: -ing形の場合は一時的な動作、-ed形の場合は動作の完了

尚、Part5(短文穴埋め)とPart6(長文穴埋め)では、「文法の形」が問われることがある。こちらはドリル形式の問題集で練習することで、習得可能だ。

TOEICでは「文法の使い方」はあまり問われないため、今は無視していいだろう。

3-3. Part7のシングルパッセージに力を入れる

TOEIC Part7は長文読解問題だ。ここでは、大きく次の3つの出題パターンがある。

  • シングルパッセージ: 1つの文章から設問に答える
  • ダブルパッセージ: 2文章から設問に答える
  • トリプルパッセージ: 3文章から設問に答える

実は、初心者にとってPart7はスコアを上げるチャンスとなるパートだ。長文読解ゆえ、答えのヒントが長文内に書いてあることが多い。時間をかければ確実に正解することができるのだ。

ここではシングルパッセージの解き方を、例題を使って解説しよう。

single passage_160410.001

single passage questions_160412.001

ここでは、チャット形式の文章に対し、「午後3時1分にFerozさんが書いたChristmas party tonight?は何を意味していますか?」が問われている。

その発言の前後を読むと、彼らは予定の調整を行っていることがわかる。ここから、「Christmas party tonight?」は、Mr. FerozがMs.Saidoをクリスマスパーティーに誘ったのではないかと考えられる。

annotated single passage_160410.001

解答の目星がついたところで、選択肢を見て設問に答えよう。

annotated single passage questions_160412.002

パーティーに誘う旨が述べられているのは、(C)の「彼はMs. Saidoとパーティーをしたい」である。よって、(C)が正解だ。

4. おすすめ参考書

続いて、TOEIC 600点を取るために役立つおすすめ教材を紹介していこう。

4-1. 参考書

『機関銃英語が聴き取れる』は、英語リスニング力を高めることをテーマにした発音の教科書である。リスニング勉強法で紹介した、喉発音とシラブルの理論は、この本からヒントを得ている。

ページ数は少なく、専門用語が使われていないため、初心者でも理解しやすいだろう。リスニングはなんといっても英語の音から始まるため必ず読んでおきたい一冊である。

4-2. 問題集

「TOEICテスト 600点攻略」は、初級者が最初に目指すべきTOEIC600点を取ることに特化した問題集である。本番で出題される難問をあえて除外し、600点を取るために解答すべき設問だけが集まっている。

解説も充実しているため、間違えてしまった原因を理解し復習することができる。初級者の方はこの2冊で訓練を重ね、TOEICの解き方やコツを学んでいこう。

4-3. 模試

TOEIC 600点を目指すのであれば、問題集と共に模試を活用しよう。そこでおすすめなのが「TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編」だ。こちらはTOEIC唯一の公式問題集のため、本番同様の良質な問題が詰まっている。

模試は本番対策として実際の試験感覚を養うほか、学習成果の確認に使うこともできる。TOEIC受験者なら必須の一冊である。

4-4. 単語帳

「TOEICテストスーパー英単語」は、TOEIC頻出の単語が重要度順で分類されている。一般的にパート別や出る順が多い中、重要度順で並んでいるため、多忙な中でも優先順位をつけて勉強しやすい。

TOEIC 600点目標であれば、この本の☆5、☆4及び☆3まで対策しておこう。全パートで役立つ単語力が身につくはずだ。

4-5. 文法参考書

「TOEICテスト全パート対策英文法」は、初級者・中級者向けの文法参考書だ。

例文が充実しているため、文法の意味を文脈から理解することができる。問題集や模試をの不明確な英文も、この一冊で解釈可能となるだろう。

5. おすすめアプリ

TOEICは、スマートフォン向けアプリで学習することも可能だ。通勤電車や食事中などのちょっとしたスキマ時間に活用できるため、効率よく勉強を進めていこう。

5-1. キクタンTOEIC(R) Test Score 600 ~聞いて覚える英単語~ (480円)

キクタンTOEIC(R) Test Score 600

単語帳でおなじみのキクタンアプリが、この『キクタンTOEIC(R) Test Score 600』である。こちらはTOEIC頻出語句を重点的に学べるため、最短でスコアを上げたいニーズに答えるアプリになっている。

キクタンTOEICのアプリは、他にも800点向けと990点向けの2種類がリリースされている。少しずつレベルアップし、着実な単語力を身につけていこう。

5-2. TOEICテスト文法640問1 (120円)

TOEICテスト文法640問1

Appストアの教育部門(有料)で、かつてダウンロード数第1位を獲得したアプリが『TOEIC®テスト文法640問1』だ。

人気の秘密はそのシンプルさで、当アプリ1つでTOEIC文法問題を640問解くことができる。本番のPart5(短文単語穴埋め)が40問だから、たった120円でなんと16回分もチャレンジできるのだ。

問題は470点、600点、730点、860点の4段階に分かれているため、今の自分のレベルに合わせた学習ができる。すべてのTOEIC学習者が持っておくべき、必須アプリである。

5-3. TOEIC TEST 実力判定アプトレ (600円)

TOEIC TEST 実力判定アプトレ

『TOEIC TEST 実力判定アプトレ』は、スマホでTOEIC模試を受けることができるアプリだ。

模試は、各パートごとに1~3題ほどで構成されている。それらを通して受けることで、現在の仮TOEICスコアが算出される優れものである。TOEIC関連のスマホアプリの中で、現在最も注目されているものの1つだ。

6. まとめ

当エントリーでは、TOEIC 600点を独学で目指すための全手法をまとめた。

英語初心者にとって、TOEIC 600点は決して低い目標ではない。しかし、対策のツボをおさえて効率的に学習することで、短期間の間でも到達できることがお分かりいただけたと思う。

TOEICで目標達成を成し遂げ、ビジネスパーソンとしてのキャリアの広げてゆこう。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

※記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*