TOEIC中級者が800点の壁を突破するためにすべき6つの対策

toeic-800

「TOEIC700点までは順調だった。しかし、800点の壁がどうしても超えられない。」

TOEIC中級者が必ずぶち当たるのが「800点の壁」だ。

800点を超えるには、抜本的な勉強方法の転換が必要である。しかし、高得点対策の参考書は設問の解き方や難しい単語が紹介されているだけで、800点超えの具体的な方法が載っていない。

そこでトイグルでは、社会人TOEIC受験者が800点の壁を超えるための勉強法を紹介していこう。TOEIC 800点の英語レベル、リスニング及びリーディングの勉強法、おすすめの参考書とアプリなど、800点を取るためのあらゆるノウハウが網羅的にまとまっている。

TOEICはビジネスと同様、戦略が結果に大きな影響を与える。賢く勉強していこう。

※当エントリーは、2016年5月改正のTOEIC新形式に対応した勉強法です。

*目次

  1. TOEIC800点のレベル
  2. リスニング勉強法
  3. リーディング勉強法
  4. おすすめ参考書
  5. おすすめアプリ
  6. まとめ

1. TOEIC800点のレベル

はじめに、TOEIC800点の英語レベルを様々な角度から分析していこう。学習の基礎知識として役に立つはずだ。

1-1. TOEIC800点は周囲から「英語ができる人」と思われるレベル

TOEIC800点のレベルを、トイグルでは次のように定義している。

TOEIC 800点は周囲から「英語ができる人」と思われるレベル

(トイグル)

TOEIC 800点台を持っていれば、あなたの周りの人から「あの人は英語ができる」と認知される。「 どうやったらそんなに高得点が取れるんですか!?」と聞かれることも多々あり、これまでの努力が報われるだろう。

ただ、TOEIC 800点では英語で仕事をするには程遠い。英会話の練習をしていなければ、海外旅行のレストランで店員に話しかけられ、しどろもどろになってしまうことが予想される。スコアを自慢するのは避けたほうが懸命だ。

ここで、TOEICスコアの分布を見てみよう。横軸はスコア、縦軸はそのスコアレンジに収まる受験者の割合を指す。

toeic 800_score distribution_160419

(出典: 国際ビジネスコミュニケーション協会)

赤い棒グラフが示すように、800点台を取得すれば全受験者の上位15%に入ることができる。TOEIC上級者の入り口に立てるスコアだろう。

1-2. TOEIC800点は英検準1級と1級の間くらいのレベル

それでは、TOEIC800点はどの程度の難易度なのだろうか? これを、我々が馴染みのある英検を目安にして考えてみよう。

TOEIC協会によれば、英検準1級を持っている人のTOEICスコアの平均は713点、英検1級では955点となる。したがって、TOEIC800点は英検準1級と1級の間くらいのレベルと言えよう。

TOEIC800点は英検準1級と1級の間くらいのレベル

(トイグル)

英検準1級を持っていれば、大学入試センター試験が免除となる。また、1級を持っていれば通訳ガイドの一次試験(英語)が免除になる。TOEIC800はこの中間程度であることを考えると、そのレベルの高さがお分かりいただけると思う。

※英検とTOEICは異なる試験形式のため、ここで紹介したスコア換算は統計的な目安となる。当該TOEICスコアを持っていれば、直ちに英検準1級レベルであることを意味しない。

1-3. TOEIC800点に必要な勉強時間

次に、TOEIC800点取得に必要な勉強時間を明らかにしていこう。次のデータは、現在のTOEICスコアから目標スコアに達成するまでの平均学習時間を表している。

  目標スコア
650 750 850
現在のスコア 550 225h 450h 725h
650 225h 500h
750 275h

(出典: Saegusa 1985より)

例えば、あなたのTOEICスコアが今650点レベルだとしよう。

平日の月・水・金に1時間ずつ、土日に4時間ずつ、合計で月間44時間をTOEIC学習に確保できるとする。TOEIC650点から800点へのスコアアップは500時間かかるので、単純計算で約11ヶ月で達成することになる。

ただし、TOEIC700点から800点の間には、超えられない壁のようなものが存在する。800点達成のためには勉強法を抜本的に変える必要があることを覚えておこう。

1-4. TOEIC800点に必要な正答率

TOEICはリスニングとリーディングの2セクションから成る試験だ。それぞれ495点満点で、合計すると990点満点となる。

受験者によって得意・不得意は異なるため、ここではリスニング・リーディング共に400点ずつ取り、合計800点を目指すと仮定しよう。その場合、各セクションで必要な正答数の目安は次のようになる。

*TOEIC800点に必要な正答数の目安

  • リスニング: 78問/100問中
  • リーディング: 79問/100問中

TOEICは特殊な統計処理を加えてスコアを算出するため、リスニングとリーディングでスコア配分が異なる。そのため、リスニングは最低78問、リーディングは最低79問が、800点に到達するための目安となる。

※TOEICスコアはその回の全受験者のスコア分布が加味されるため、毎回素点とスコアの割合が異なる。こちらの計算はあくまで目安としよう。

1-5. TOEIC800点と就職・転職活動

TOEIC 800点を保有していれば、新卒・中途共に、履歴書でスコアをアピールすることができる。

新卒であれば英語が得意な学生がほしいと思っている企業に対し、英語力を武器に自己PRを行ってもいいだろう。

中途は、TOEIC800点は実務で英語を使う基礎力であることを認識し、今後はライティング・英会話などのアウトプット系科目を対策すると良いと思われる。

2. リスニング勉強法

それでは、ここからTOEIC800点を取るための具体的な勉強法を紹介していく。まずはリスニングセクションの戦略を立てていこう。

TOEICリスニングは、次の4セクションで構成されている。

  • TOEIC Part1: 写真描写問題
  • TOEIC Part2: 応答問題
  • TOEIC Part3: 会話問題
  • TOEIC Part4: 説明文問題

TOEICは2016年5月に試験問題が改正された。比較的難易度が高いとされるPart3とPart4の比率が高まり、リスニングセクションの約7割を占めるようになった。

TOEIC 800点を狙う場合、Part3とPart4も自信を持って解けるようになる必要がある。言い換えれば、これまでのように長文音声からキーワードを「つまみ聴き」するのではなく、音声全体の意味を把握できる高い英語処理能力が求められる。

リスニングの3つの対策を見ていこう。

2-1. シャドーイングで理解力を強化する

シャドーイングとは、テキストを見ずに英語の音声を聞きながら、その音声を真似て声に出す練習法を指す。リスニングだけでなく会話力の向上も実証されている、効果的なトレーニングだ。

まずは見本を見てみよう。(尚、こちらのビデオは筆者が発音を教わった『英語喉』の著者、上川氏である。)

このように、音声を聴いた直後にそれを真似ることで、英語の発音と構造を脳内に定着させる訓練がシャドーイングだ。

さて、シャドーイングをするにあたっては、事前の準備が重要となる。次の手順にしたがって練習しよう。

*シャドーイングの手順

  1. リスニング: まずはテキストを見ずに音声を聞く。音声の長さやトピックなどの全体像を把握しよう。
  2. マンブリング: 音声を聞きながら、口の中でぶつぶつとつぶやく。音声が難しすぎないかチェックする段階だ。
  3. パラレルリーディング: テキストを見ながら音声を聴いて、シャドーイングを行う。音読に近い。本番のためのウォーミングアップとなる。
  4. 英文の意味のチェック: この段階でわからない単語や文章を、辞書等で調べる。
  5. プロソディ・シャドーイング: 音声を聞きながらシャドーイングを行う。ここでは英文の意味は無視していいので、英語の発音とリズムを感覚でつかむようにする。複数回行うと効果的。
  6. コンテンツ・シャドーイング: 音声を聞きながら再度シャドーイングを行う。ここでは発音とリズムより、英文の意味を理解するようにする。複数回行うと効果的。

シャドーイングは長い期間をかけ、継続してトレーニングすることが望ましい。1日30分以内で構わないので、毎日コツコツと続けるようにしよう。

トイグルおすすめのシャドーイング教材は、後ほど『4. おすすめ参考書』で紹介しよう。

2-2. 図表問題のコツを知る

図表問題は、2016年5月の改正でPart3とPart4に導入された新形式だ。解き方を知らないとあっという間に音声が終わってしまうため、事前の対策が必要不可欠である。

ここではPart4の図表問題を例に、解き方を解説しよう。

TOEIC Part4 図表

*図表問題の先読み→図をチェック→選択肢をチェック

図表問題は「Look at the graphic.」から始まる。はじめに、図表問題の設問を先読みしよう。
TOEIC Part4 例題

次に、素早く図表に目を通す。図表で描かれている内容がそのまま問われるため、選択肢と対応していることを確認しよう。

TOEIC Part4 図表TOEIC Part4 例題

図表は建物の間取りが描かれており、選択肢はその部屋名が列挙されている。設問は「本日、歓迎会が行われるのはどの部屋ですか?」の意味だ。

*マルチタスクで解く

図表問題は音声で得たヒントを図表に当てはめ検証し、そこから選択肢を選ぶ「マルチタスク」となる。

音声スクリプトを順番に見ながら、部屋の位置を確認していこう。

  • Here we are at the entrance and there is a reception desk on your left side. (私たちはエントランスにおり、左手には受付があります)

まずは出発地点の確認だ。今は入り口におり、左手には受付があることが確認できる。

TOEIC Part4 例題

  • The room which is just opposite to the reception desk is where we have a meeting with our clients. (受付の反対側は、私たちがクライアントと会議を行うミーティングルームです)

受付の反対側にあるのはRoom Bのため、ここがミーティングであることがわかる。

TOEIC Part4 例題

  • If you stand between the reception desk and the meeting room and look at the opposite side, you will find a large room. That is our main office which all the employees work in. (受付とミーティングルームの間に立って逆側を見ると、大きな部屋が見える。それが全従業員が働くメインオフィスとなる)

この文章から、Room Aがメインオフィスであることがわかる。

TOEIC Part4 例題

  • Normally a welcome session takes place there. However, because of current overload at work, I don’t want to disturb other members. (通常、歓迎会はメインオフィスで行われる。しかし、最近は多忙なので、他のメンバーの邪魔をしたくない)

今夜、歓迎会はメインオフィス(Room A)で行われるわけではないらしい。However(しかし)のように、話題を転換する語句が出てきたら要注意だ。

  • So my team will hold the session at the meeting room for you tonight. (よって、私のチームが今夜、ミーティングルームで歓迎会を開催します)

今夜の歓迎会は、ミーティングルームで行われるとのこと。ミーティングルームはRoomBだったため、正解は(B)となる。

TOEIC Part4 例題

2-3. 話し手の意図問題のコツを知る

話し手の意図問題も、2016年5月の改正でPart3とPart4に導入された新形式だ。カジュアルな表現の意味を答える問題となる。

まずは例題を見てみよう。

This is Brian Harper, calling from ABC law office. Your application has been selected for further evaluation. Please come to our office on Mayer Street at 11A.M. on next Friday. Please call me back for confirmation of the interview. I understand you are busy with your current job. But I would be happy if you give me a response as soon as you hear this message. Thank you.

Part4例題

話し手の意図問題が含まれる音声であっても、事前に先読みを行うことには変わりない。特に、引用文を注意して読むようにしよう。

Part4例題

ここでは、「あなたが現在の仕事で忙しいことは理解しています」の文章が引用文である。

話し手の意図問題は、その文章が直接表現しない話し手の思惑が問われる。そのため、引用文だけでなくその前後の文章をきちんと理解し、文脈を把握しないと解くことができない。

先の例文の音声スクリプトを見てみよう。

  • Please call me back for confirmation of the interview. I understand you are busy with your current job (引用箇所). But I would be happy if you give me a response as soon as you hear this message.

引用箇所の前後の文章を要約すると、

  1. 面接の確定のため折り返し電話をして欲しい。
  2. あなたが今の仕事で多忙なことは理解しています(引用箇所)。
  3. しかしすぐに返答をいただけると幸いです。

となる。話し手は相手に対して多少の理解を示した上で、早急な返答を求めていることがわかる。

したがって、(D)の「彼は聞き手に若干のリスペクトを示す」が正解だ。

3. リーディング勉強法

続いて、リーディングセクションの3つの勉強法を解説しよう。

TOEICリーディングは次の3セクションで構成されている。

  • TOEIC Part5: 短文穴埋め問題
  • TOEIC Part6: 長文穴埋め問題
  • TOEIC Part7: 読解問題

2016年5月の改正により、Part7の問題数が54となり、リーディングセクションの半分以上を占めるようになった。TOEIC800点を狙う場合、全パートをバランス良く対策する必要がある。

時間配分を解説した後、3つの対策を紹介していきたい。

3-1. リーディングパートの時間配分

トイグルでは、リーディングを次のような時間配分で解くよう指導している。

  問題数 時間配分 時間@1問
Part5(短文穴埋め) 30問 10分 20秒
Part6(長文穴埋め) 16問 10分弱 37.5秒
Part7(長文読解) 54問 55分強 約60秒
合計 100問 75分

TOEIC800点を取得するためには、リーディングセクションは時間内に解き終えられる実力が必要となる。同じセンテンスを何度も読まなくても内容が把握できるレベルの読解力が求められる。

3-2. 日本人向けの洋書を多読する

圧倒的なレベルの読解力をつけるには、TOEIC問題集などで「解答ありき」のリーディングを行うだけでは不十分だ。英文の内容をスムーズに理解できる読解力が必要であり、その手段として多読が有効である。

多読とは、英語の本を文字通り大量に読むトレーニングを指す。多読の実践では次の4点を意識しよう。

  1. 時間と場所を決めて読む
  2. 今の英語レベルより一段階やさしい本を選ぶ
  3. 自分が心から興味を持って読める本を選ぶ
  4. わからない単語があってもできるだけ辞書を引かない

この中でも特に重要なのが、本の難易度である。目安として、文章中の最低95%の語句の意味が辞書なしでわかるくらいの本がいいだろう。

失敗経験を紹介しよう。筆者が初めて洋書を購入した際、自分の身の丈に合わないレベルの本を選んでしまった。はじめの1ページを読むのに40分もかかり、ものの数ページで挫折してしまったことがある。

多読が初めての方は、「ラダーシリーズ」などの日本人向け多読教材を利用するといいだろう。慣れてきたら洋書に挑戦することをおすすめしたい。

トイグルのおすすめは、後ほど『4. おすすめ参考書』で紹介しよう。

3-3. Part6の文章挿入問題の解き方

2016年5月の試験改正によって、Part6に文章挿入問題が加わった。これは、空白の箇所に最も適した文章を、選択肢から選んで入れる問題である。

簡潔に解き方を解説しよう。次の例文と設問をご覧いただきたい。

TOEIC Part6 例題

134問目が文章挿入問題だ。解答の際は、この4つの文章を1つずつ該当箇所に当てはめ、意味が通るかどうか検証する。

ここでは(D)が正解のため、この文章を入れた上で、前後のセンテンスを読んでみよう。

Submit your completed questionnaire before the deadline of Wednesday 6th July for your chance to be included in our prize draw for $100. For full details see the introduction to the survey.

(意訳: 100ドルの賞金のチャンスを掴むため、7月6日水曜日の締切前までに、完成したアンケートを提出してください。詳細に関しては、調査書の導入部分をご覧ください。)

本文でアンケートの概要を説明した上で、詳細は別紙を見てくださいと述べている。この選択肢が最も自然なため、正解だ。

このように、文章挿入では空白の前後を読みながら、最も適した一文を選ばなければならない。高い読解力が必要とされる設問と言える。

3-4. Part7のトリプルパッセージ対策

次に、2016年5月の試験改正で初めて導入された、トリプルパッセージ問題の解き方を解説しよう。

尚、ここでは簡略化のため設問は1つだけとした(本番では各文章に5問ずつ)。

TOEIC Part7 トリプルパッセージ TOEIC Part7 トリプルパッセージTOEIC Part7 トリプルパッセージ

TOEIC Part7 トリプルパッセージ 例題1

トリプルパッセージ問題では、長文と設問の順番が必ずしも一致しているわけではない。例えば、1つ目の設問のヒントが2つ目の文章から出るなど、トリッキーなケースが多々ある。

そのため、各設問にはメールの差出人、会社名、商品名など、ヒントを探すためのキーワードが入っている。これらキーワードを使えば、答えの根拠が含まれる長文を素早く見つけることができるのだ。

例を見てみよう。

TOEIC Part7 トリプルパッセージ 例題1

設問は「Mr. Murrayについておそらく正しいと思われるものはどれですか?」だ。ここでのキーワードはMr. Murrayであり、彼について記載されている文章を探す。

今回のケースでは、2つ目の長文の差出人がMr. Murrayのため、ここに解答のヒントがある可能性が高い。この文章を読むと、Mr. Murrayが定期購読の停止を求めるのと同時に、Webサイトの表示の不備について述べていることがわかる。

TOEIC Part7 トリプルパッセージ

これらを総合すれば、彼がABC magazineに満足していないことは確かだろう。したがって、答えは(A)の「彼はABCマガジンに満足していない」となる。

他の設問も同じように、「設問→キーワード→長文→解答」の手順で解いていこう。

4. おすすめ参考書

続いて、TOEIC 800点を取るために役立つおすすめ教材を紹介していこう。

4-1. 参考書

多読用の本として「Japan FAQ」を紹介しよう。こちらは日本人向けに作られた、ラダーシリーズというリーディング教材だ。

リーディングの教材選びでは、文章レベルや英語の自然さだけでなく、興味を持って取り組める内容かどうかがポイントとなる。日本の政治経済・文化・食など、我々が背景知識として持っている内容がほとんどのため、理解がスムーズに行えるだろう。

また、1つの章内で項目ごとに文章が構成されているので、英文が短い。まずはこの一冊からはじめ、慣れてきたら本物の洋書にチャレンジしよう。

4-2. 問題集

メガドリル TOEIC® TEST リスニング

「メガドリル」はリスニング編、リーディングPart5&6編、リーディングPart7編で出版されているTOEIC問題集である。

見開きの左ページに問題、右ページに解説という構成となっている。問題を解いた直後に解答が確認できるため、一問一問丁寧に学ぶことができる。

どれも700ページを超す厚い作りになっているため、ハイスコアを目指しガンガン解いていこう。

4-3. 模試

TOEIC 800点を目指すのであれば、問題集と共に模試を活用しよう。そこでおすすめなのが「TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編」だ。こちらはTOEIC唯一の公式問題集のため、本番同様の良質な問題が詰まっている。

模試は本番対策として実際の試験感覚を養うほか、学習成果の確認に使うこともできる。TOEIC受験者なら必須の一冊である。

4-4. 単語帳

TOEIC800点を目指す上級学習者であれば、「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 800」を使おう。800点取得に必須の語ばかりを集めた、良質な単語集である。

尚、TOEIC800点以上を目指す場合、英語を英語で解釈する力が必要となってくる。キクタンのCDは「英単語⇔日本語訳」で覚えさせる形式のため、トイグルとしてはCDを使わず本だけで勉強するよう勧めたい。

キクタンにもかからわず音声を聞かない勉強法は奇妙に思えるかもしれない。しかし、本だけでも十分学習効果は高い。英英辞典と一緒に使おう。

4-5. 文法参考書

一億人の英文法

『一億人の英文法』は、英文法書として異例のベストセラーとなった参考書だ。「話すための英文法」をテーマとしているが、リーディングやライティングにも十分役立つ一冊である。

従来の文法書が文法機能の分類を説明しているのに対し、『一億人の英文法』では文法の「使い方」に特化している点が特徴である。TOEIC対策にも適した一冊だ。

5. おすすめアプリ

TOEICは、スマートフォン向けアプリで学習することも可能だ。通勤電車や食事中などのちょっとしたスキマ時間に活用できるため、効率よく勉強を進めていこう。

5-1. 最後の英単語学習!マジタン~TOEIC・英会話・大学受験英語の単語に~ (120円)

最後の英単語学習!マジタン

App Storeの有料部門で1位を獲得し、話題騒然となったアプリが『最後の英単語学習!マジタン』だ。

マジタン最大の特徴は、アプリがカバーしている単語量にある。

全10レベルに分かれている単語は、TOEIC200点から990点までを完全網羅している。レベル9以降は非常に難易度の高い単語が取り上げられるため、一般のTOEIC受験者であればレベル8までを学習すれば十分だろう。

5-2. TED Audio Book (無料)

TED Audio Book

TED(テッド)とは、学術・経済・ビジネス・エンターテイメントなど、様々なジャンルの人々がプレゼンテーションを行う講演会だ。カナダを中心に、現在は世界各地で定期的に開催されている。

TEDに関しては様々なアプリがリリースされているが、筆者のおすすめは『TED Audio Book』だ。字幕をつけることができる上に、プレゼン内容の書き起こし及び日本語訳が用意されている。

無料のため広告は入ってしまうが、これらメリットはその煩わしさをはるかに上回る。

5-3. 動画英文法2700 (1,200円)

動画英文法2700

「動画英文法2700」は、プロの予備校講師が文法を動画で解説するアプリだ。1,200円という価格は非常に高額に見えるが、市販のDVD教材と同クオリティーの動画が100時間も観れることを考えると、相対的には非常にお得と言える。

講義は文型からはじまり、時制・受動態・関係代名詞など、TOEICスコアアップに必要なエッセンスが十分につまっている。書籍では理解しづらい文法も、動画で学べばわかりやすいのではないだろうか。

6. まとめ

当エントリーでは、TOEIC 800点を独学で目指すための全手法をまとめた。

英語初心者にとって、TOEIC 800点は決して低い目標ではない。しかし、対策のツボをおさえて効率的に学習することで、短期間の間でも到達できることがお分かりいただけたと思う。

TOEICで目標達成を成し遂げ、ビジネスパーソンとしてのキャリアの広げてゆこう。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

※記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*