TOEIC問題集厳選15冊!ジャンル別で選ぶ最強の問題集まとめ

TOEIC 問題集1

TOEICスコアは問題集を解いた量に比例して上がってゆく。スコアに伸び悩む人は、文法やパート別の解法ばかりに力を入れ、問題集そのものをおろそかにしている場合が多い。

そんなTOEIC問題集であるが、本屋では文字通り100冊近い多種多様な本が売られている。今の自分に合ったものが選べず、悩んだ人も多いのではないだろうか?

そこでトイグルでは、スコアアップに直結するTOEIC問題集を厳選し、6つのジャンル別におすすめの15冊を紹介したい。

  1. 初級者向けTOEIC問題集
  2. TOEICリスニング問題集
  3. TOEICリーディング問題集
  4. TOEIC文法問題集
  5. TOEIC単語問題集
  6. TOEIC模試

ここで紹介する良質な問題集を使って、苦手分野を克服し、得意分野はスコアをさらに伸ばしてゆこう。

1. 初級者向けTOEIC問題集

TOEIC問題集おすすめ

TOEICは英検等のテストと違い、レベルに関係なく全員が同じ問題を解く。最近TOEICに挑戦し始めた初級者にとって、いきなり本番レベルの問題集にチャンレンジをしても、モチベーションを下げる結果になりかねない。

そこでまず、対象を初級者に特化した、入門編的なTOEIC問題集を4つほど紹介しよう。

はじめの2冊は、TOEIC公式協会が出版しているシリーズだ。リスニングとリーディングセクションの2冊に分かれて発売されている。

この2冊は設問だけでなく、各パートごとの解説と勉強法もセットになった、総合参考書の入門編と言える。それゆえ、英語は大学受験以来10年ぶりというような初級者の方にこそ、はじめに取り組んでもらいたい。

TOEICの要領がわかってきたら、次は問題集に挑戦してみよう。しかしながら、いきなり本番同様の難易度はいささかハードルが高過ぎる。

そこで「TOEICテスト 600点攻略」は、初級者が最初に目指すべきTOEIC600点を取ることに特化した問題集である。本番で出題される難問をあえて除外し、600点を取るために解答すべき設問だけが集まっている。

解説も充実しているため、間違えてしまった原因を理解し復習することができる。初級者の方はこの2冊で訓練を重ね、TOEICの解き方やコツを学んでいこう。

2. TOEICリスニング問題集

TOEIC問題集おすすめ

ここからは、TOEIC600点以上を目指す中・上級者向けに、それぞれのジャンル別におすすめ問題集を紹介しよう。はじめに取り上げるのはリスニングだ。

「メガドリル TOEIC® TEST リスニング」は良質な問題が詰まったリスニング用TOEIC問題集である。728ページという分厚い本の中に、リスニングセクションすべて(Part1〜4)をカバーした問題が掲載されている。

見開きの左ページに問題、右ページに解説という構成となっている。問題を解いた直後に解答が確認できるため、一問一問丁寧に学ぶことができる。

リスニングやリーディング問題集はパート別に売られていることが多いため、リスニングの全パートを網羅した「メガドリル TOEIC® TEST リスニング」は、コストパフォーマンスの観点からもおすすめできる。

次に紹介する問題集は、Part1(写真問題)とPart2(応答問題)が入った「解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part1&2」と、Part3(会話問題)とPart4(説明文問題)が入った「解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part3&4」の2冊だ。

それぞれ8回分が収録されているため、ガンガン問題を解きたい人におすすめの問題集である。

ただし、問題が多い分、解説は必要最小限度といった印象を受ける。そのため、既にある程度TOEICを勉強してきた中・上級者向けの問題集と言えよう。

パート別よりもリスニング全般を学習したい方は、「メガ模試TOEICTESTリスニング」を試してみよう。リスニングの模試を12回分行うことができる。

3. TOEICリーディング問題集

TOEIC問題集おすすめ

リーディングパートを苦手としている受験者は、単語力不足の他に、そもそもリーディングパートに慣れていないという問題を抱えている場合が多い。単語穴埋め問題と長文リーディングを限られた時間内で行うトレーニングを、TOEIC問題集を使って積んでいこう。

リーディング対策としておすすめのTOEIC問題集が、メガドリルシリーズだ。文法・語彙力が問われるPart5&6と、長文リーディングのPart7が、別々の問題集として発売されている。

先のリスニング編同様、長文問題も含めて1問ずつ解答・解説が掲載されている。量が多くなると流してしまいがちな解説をじっくり読むことで、弱点を的確に把握していこう。

リスニング同様、リーディングにも「解きまくれ!」シリーズの問題集を使おう。Part5&6(単語穴埋め)とPart7(長文読解)編で、別々に売られている。

余談だが、この「解きまくれ!」シリーズはリスニング・リーディングで4冊発売されているが、どれも表紙が非常に似通っている。よく見ないとどのパート編かわからないため、書店で購入する際は要注意だ。

リーディングを全パート続けて解きたい場合は、「メガ模試TOEICTESTリーディング1200」を試そう。リーディングの模試が12回分収録されているTOEIC問題集である。

4. TOEIC文法問題集

TOEIC問題集おすすめ

TOEIC文法の問題集と言った場合、一般的にはリーディングPart5&6(単語穴埋め)で出題される文法を指す場合が多い。

Part5&6対策に関しては『3. TOEICリーディング問題集』で既に紹介しているため、ここではその中でも文法に特化した問題集を紹介しよう。

「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」では、Part5&6を次の7項目に分け、それぞれに特化した問を集めた問題集だ。

  • 品詞: 334問
  • 動詞: 102問
  • 前置詞 or 接続詞: 67問
  • 代名詞: 37問
  • 前置詞: 56問
  • 関係詞: 16問
  • ペア表現・語法・数・比較: 47問

文法を特に苦手とする受験者は、この問題集をじっくり解くことをおすすめする。

5. TOEIC単語問題集

TOEIC問題集おすすめ

TOEICにおいて、純粋な単語問題はPart5の穴埋め及び、Part7の長文読解内の一部で出題されるのみである。Part5&6対策は『3. TOEICリーディング問題集』で既に紹介しているため、ここでは上級者向けの別の問題集を取り上げよう。

「新TOEIC TEST 単語特急3 頻出語言い換え集」は、Part7での言い換え問題のみを専門的に扱ったマニアックな問題集だ。言い換えとは”The word XXX paragraph 1, line 2 is closest in meaning to…”のような問題のことで、高得点を狙うには絶対に落とすことができない。

熟語に関しては、「新TOEIC TEST 熟語特急 全パート攻略」が役立つだろう。

6. TOEIC模試

TOEIC問題集おすすめ

ここまで、各パートごとのTOEIC問題集を紹介してきた。しかし、試験前にはリスニング・リーディングの両パートを一気に通して解く必要がある。本番同様の環境で練習しなければ、実際の試験で実力を発揮することはできない。

そこで、本稿の最後としてトイグルおすすめのTOEIC模試を紹介しよう。

はじめの一冊は「TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編」だ。TOEIC協会が発行している唯一の公式模試であり、それゆえ本番に最も忠実に作られていると言える。

ただし、こちらは2回分のテストしか収録されておらず、解説もあまり丁寧とは言えない。

TACが発売する「TOEIC(R) TEST スコア激伸び模試3回分 新形式問題対応編」は1模試あたりの価格が792円。現在発売されている新形式対応模試の中で、最も安い部類に入るだろう。

7. まとめ

TOEICは資格試験である以上、問題をたくさん解いて傾向と対策を熟知することが、高得点への最短経路と言える。

本稿で紹介した18冊は、すべてスコアアップに直結する良質なTOEIC問題集である。時間が許す限りストイックに問題を解き、目標スコアを達成してほしい。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

※記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*