新形式対応!TOEIC Part3の解き方と会話問題対策の全手法

TOEIC Part3は、会話を聴いて設問に答えるリスニング問題である。

長文音声のため、まったく歯が立たず困った受験者も多いだろう。

そこでトイグルでは、Part3を独自の視点で分析しながら、初心者でも実践可能な対策を解説していきたい。

*当エントリーはTOEIC®試験の最新傾向を分析し、2017年4月に全面改訂されました。

*目次

  1. TOEIC Part3の基礎知識
  2. Part3の解き方
  3. 設問形式別解答のポイント
  4. おすすめ教材・アプリ
  5. まとめ

1. TOEIC Part3の基礎知識

TOEIC Part3はリスニング問題である。

2人あるいは3人の人物による英語の会話を聴く。各音声には3つの設問が用意され、内容に関する問題を答える。

例題を見てみよう。 

  • M: Excuse me. I want to print some documents out but it seems the printer isn’t working. 
  • W: I’m afraid but all the equipment is currently under maintenance. You could go to the academic office and the staff will help you.
  • M; OK. Do I need to bring a copy card with me?
  • W: Yes. And be careful, you’ll also be required to show your student card.

翻訳: 

  • 男: すいません。何枚かの書類を印刷したいんですが、プリンターが動作していないようです。
  • 女: 恐れ入りますが、すべての機器が現在メンテナンス中です。あなたは学部事務室に行くことができ、そうすればスタッフが助けてくれますよ。
  • 男: わかりました。コピーカードを持っていく必要はありますか?
  • 女: はい。あと、気をつけてください、あなたは学生証を見せるよう要求されるでしょう。

ここから、内容に関する3つの設問に答える。

さて、Part3の会話形式は2人の会話3人の会話会話と図表の3つに分かれる。

設問形式は推測問題内容把握問題次回アクション問題話し手の意図問題図表問題の5つである。

3つの会話に5つの設問から、Part3は15のパターンに分類できる。

ただし、いくつか出題が見られないものもあるから、実際は12の出題パターンと考えよう。◎、◯、△は重要度を表す。

TOEIC Part3 出題形式

注: 「会話と図表」は2人の人物による音声なので、厳密には「2人の会話」の範疇である。ただ、トイグルではわかりやすさを重視し、これら2つを別形式とみなして紹介する。

2. Part3の解き方

全出題パターンに共通する、解き方の3つの手順を説明しよう。

手順1: 設問の先読み

Part3では、3つの設問と4つの選択肢が、それぞれ問題用紙に印字されている。

そのため、音声を聴く前にこれら設問と選択肢を先読みし、問われる内容を事前に知っておくと良い。

しかし、先読みに使える時間はせいぜい8秒間である。余程の上級者でない限り、短い時間にすべてを理解するのは難しい。

そこで、目標スコアが700点未満の初・中級者は4つの選択肢のみを先読みする。

TOEIC Part3 設問の先読み

700点以上を目指す中・上級者は設問文のみを先読みする。余裕があれば、選択肢にも軽く目を通そう。

TOEIC Part3 設問の先読み

手順2: 音声から解答のヒントを探す

Part3は会話を聴いて「覚える」のではなく、音声から解答のヒントを「探す」ように聴く。

ここで、Part3は音声と設問の順序が概ね一致することを知っておこう。設問1は音声の前半、設問2は中盤、設問3は音声の最後にヒントが出ることが多い。

TOEIC Part3 設問と音声

つまり、たとえ内容が理解できなくても、音声についていけさえすればヒントを見つけることができる

ほとんどの音声は「男×女」あるいは「女×男」の順に、それぞれ2ターンずつ喋る。各ターンは1〜3センテンスなので、平均すると音声全体が5〜8センテンスで構成されている。

問題集等でスクリプトを見ながら聴く練習をしていれば、音声を見失わないコツが徐々につかめるだろう。

手順3: 設問に答える

Part3では次の問題の先読み時間を確保するため、音声を聴きながら設問に答えるのが望ましい

目標スコアが700点未満の初・中級者は、先読みで覚えた選択肢を拾い聴きするように音声を聴く

選択肢と同じ語句を耳でキャッチし、その場で該当する選択肢を塗る。正解は言い換えが多いので、似た意味の語句にも注意を払おう。

TOEIC Part3 設問と音声

拾い聴きは大変大雑把な方法であり、ひっかけにハマることも多い。しかし、音声を十分に聴き取れない段階では、試験テクニックとして有効だ。

700点以上を目指す中・上級者は、マルチタスクで設問に答える。

  • 耳: 音を聴く
  • 目: 設問・選択肢を読む
  • 右手: マークシートを塗る
  • 左手: 3本指で設問を指し示す
  • 脳: 内容把握
  • 意識: 複数設問の同時解答

会話全体のストーリー展開をつかみ、設問文を読みながら音声内容を理解する。

700〜850点目標なら、設問1と設問2は自信を持って答えられるようにしたい。850点以上を目指すなら、音声を正確に理解できる聴き取り能力が求められる。

3. 設問形式別解答のポイント

設問形式別のポイントを解説しよう。

3-1. 推測問題

推測問題は、会話全体から内容を推測する設問である。most likely(最もありそうな)が設問文にあることが多い。

例を見てみよう。

  • Where most likely does the man work? (男性が最も働いていそうなのはどこですか?)

推測問題解答のコツは、会話内のキーワードから状況を推測することにある。

例えば、shirt(シャツ)、jacket(ジャケット)、size(サイズ)、color(色)などの語句が音声内にあれば、clothing store(洋服屋)であることが推測できる。

そのため、推測問題が含まれるのを先読み段階で発見し、キーワードの聴き取りに意識を向けられると良い。

尚、推測問題は各音声の1問目に出ることが多い。初級者にとってはハードルが高いので、本格的な対策は中・上級者だけでいいだろう。

3-2. 内容把握問題

内容把握問題は、会話の具体的な内容について問われる設問である。

例を見てみよう。

  • What is the problem? (その問題はなんですか?)

内容把握問題は『2. Part3の解き方』で説明した3つの手順に沿って解答する。

すなわち、初・中級者は選択肢の拾い聴きに特化し、上級者はマルチタスクで解く。

出題数は内容把握問題が圧倒的なため、これを集中的に訓練することがスコアアップに直結するだろう。

3-3. 次回アクション問題

次回アクション問題は、登場人物の次の行動について問われる設問である。

例を見てみよう。

  • What will the woman do next? (女性は次に何をしますか?)

次回アクション問題のヒントは、常に音声後半に現れる。

先読みで次回アクションを見つけたら、中盤以降の文脈を注意して聴くようにしよう。

3-4. 話し手の意図問題

話し手の意図問題は、カジュアルな表現の正確なニュアンスが問われる設問である。

例を見てみよう。

  • What does the woman mean when she says, “Absolutely”? (女性が”Absolutely”と言う際、何を意図していますか?)

話し手の意図問題では、先読み時に設問の「“ ”」で囲まれた箇所を熟読しつつ、4つの選択肢にも軽く目を通す。

音声で該当箇所が発話されたら、4つの選択肢を再度読み、最も正確な言い換え表現をマークする。

話し手の意図問題は文脈の理解が重要なので、初・中級者にはハードルが高い。対策はハイスコアを狙う上級者だけでいいだろう。

3-5. 図表問題

図表問題は、問題用紙に印字された図を参照しながら答える設問である。

まず、「Look at the graphic…」から始まる設問文を先読みする。

  • Look at the graphic. Where will the speakers meet? (図表を見てください。どこで話し手たちは会いますか?)

次に、素早く図表に目を通す。選択肢と対応していることを確認しよう。

TOEIC Part3 図表問題

TOEIC Part3 図表問題

音声で図表のヒントが述べられたら、図表と選択肢を比較し、設問を解く。高いレベルのマルチタスクが問われるため、こちらも上級者以外、捨て問題扱いでいいだろう。

尚、図表がついている音声でも、「Look at the graphic…」以外は通常の設問である。これまで紹介した方法でいつも通り解答しよう。

4. おすすめ教材・アプリ

対策を理解したら、実践練習を積むのが望ましい。トイグルのオススメ教材・アプリを紹介したい。

*公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集2』は、TOEIC公式問題集の最新版。本番同様の難易度で設問を解ける。

Part3は2回分が収録されている。TOEICを受験するなら必須の問題集だ。

*TED Audio Book (無料)

TED Audio Book

TED(テッド)とは、学術・経済・ビジネス・エンターテイメントなど、様々なジャンルの人々がプレゼンテーションを行う講演会だ。

Part3の長文音声を理解するには、日頃からストーリー性のあるリスニングで練習するのが望ましい。通勤電車内などで試してみよう。

5. まとめ

当エントリーでは、TOEIC Part3対策について解説してきた。

頭が真っ白になりがちがPart3だが、着実な対処法がお分かりいただけたと思う。

当記事を読んでもっと知りたい!と思った方は、こちらの記事も参照いただきたい。

Good luck!

 

*記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

  • Pocket

海の日3連休集中!TOEIC文法対策セミナー

7月15日(土)〜17日(月・祝)の3連休、TOEIC文法パート特化セミナーを行います。


3日間の集中講義で、Part5の全出題パターンを学びます。


お休みを有意義に使い、スコアアップを目指しませんか?


詳細を見てみる