新形式対応!TOEIC Part5の解き方と文法対策の全手法

TOEIC® Part5は、短文内の空白に文法・意味的に最も適した語句を入れる、リーディング問題である。

トイグルでは、Part5の全出題パターンおよびその解き方をまとめよう。

*当エントリーはTOEIC®試験の最新傾向を分析し、2017年3月16日に全面改訂されました。

*目次

  1. TOEIC Part5の基礎知識
  2. 全パターン共通の解き方
  3. 品詞問題対策
  4. 前置詞問題対策
  5. 接続詞問題対策
  6. 動詞問題対策
  7. 代名詞問題対策
  8. 比較級問題対策
  9. TOEIC Part5対策 おすすめ教材
  10. TOEIC Part5対策 おすすめアプリ
  11. まとめ

1. TOEIC Part5の基礎知識

TOEIC Part5はリーディング問題である。

各設問には1つの短文が用意されており、その中に1つの空白がある。与えられた4つの選択肢の中から、文法・意味的に最も適したものを選ぶ。

問題数は30問。リーディングセクションが100問なので、その3割を占める。

Part5の出題パターン一覧を見てみよう。

Part5の出題パターン

以下、それぞれの対策を解説したい。

2. 全パターン共通の解き方

はじめに、Part5全出題パターンに共通する解き方を紹介しよう。

トイグルでは、Part5は全文を読んで解く方法をおすすめしている。その理由は次の3つである。

  • 理由1: 全文を読むと文の意味が理解でき、正答率が向上する
  • 理由2: 全文を読むとひっかけ問題のミスを減らすことができる
  • 理由3: 全文を読むと設問を「二度見」する手間が省ける

語彙問題を使いながら、解き方の手順を説明しよう。例題はこちら。

The class _____ is available on the website from tonight.

  • (A) connection
  • (B) supplier
  • (C) income
  • (D) schedule

(トイグルオリジナル問題)

手順1: 4つの選択肢を1〜2秒程度で把握

設問内の4つの選択肢を、1〜2秒程度で眺める。なんとなくで良いので出題形式を把握し、心の準備をしよう。

  • (A) connection
  • (B) supplier
  • (C) income
  • (D) schedule

手順2: 設問文を読む

次に、空白を含む設問文全体を読む。

ここで、「全文を読むと時間がなくなってしまう」と感じた方もいるかもしれない。

そこでトイグルが開発したのがトイグル式読解法だ。ここでは、文中の語句を意味のまとまりで分け、それを英語の語順のまま頭から理解する。

先の例文は次のように解釈できる。

  • The class _____ / is / available / on the website / from tonight.
  • 「クラスの◯◯は、利用可能である、ウェブサイトで、今夜から」

空白は文の主語の位置にあることがわかった。

手順3: 明らかに不正解な選択肢を除外する

この時点で、明らかに不正解と思われる選択肢を除外する。

TOEIC上級者の方であれば、(A)connection, (B)supplier, (C)incomeが誤りであることに、すぐ気がつくだろう。

しかし、初級・中級者の方であれば、まだ判断ができないかもしれない。

ここはひとまず次のステップに進む。

手順4: 文法的に入りうる選択肢を選ぶ

Part5は文法と意味の両面からアプローチする。まずは、文法的に使用可能な選択肢を選ぶ。

英語では、主語の位置は主に名詞を利用する。

しかし、ここではすべての選択肢が名詞のため、まだ判断はできない。

  • (A) connection → 名詞
  • (B) supplier → 名詞
  • (C) income → 名詞
  • (D) schedule → 名詞

手順5: 意味で選択肢を絞り込む

最後に、意味から正解の選択肢を絞り込む。

  • The class _____ / is / available / on the website / from tonight.
  • 「クラスの◯◯は、利用可能である、ウェブサイトで、今夜から」
  • (A) connection → 接続
  • (B) supplier → 供給者
  • (C) income → 収入
  • (D) schedule → 予定表

「クラスの予定表は、利用可能である、ウェブサイトで、今夜から」が意味的に最も自然だろう。よって正解は(D)scheduleとなる。

このように、Part5は全文を読むことにより、文意を理解しながら選択肢を選ぶ。

言い換えれば、Part5は「英文読解力」と「文法力」の掛け算と考えることができる。

Part5スコアアップ = 英文読解力 × 文法力

(トイグル)

それでは、出題形式ごとの対策を見ていこう。

3. 品詞問題対策

品詞問題は、名詞・形容詞・副詞・動詞など、異なる品詞から最も適切な語句を選ぶ問題である。

例を見てみよう。

Jewson chose Jade Homes as their main _____ of office equipment.

  • (A) supply
  • (B) supplier
  • (C) supplement
  • (D) supplication

(トイグルオリジナル問題)

正解は(B)supplier(供給業者)。「JewsonはJade Homes社をオフィス器具の主たる供給業者として選んだ」の意味となる。

さて、品詞問題のポイントは「選択肢の品詞を見抜く力」と「問われている品詞の位置を見抜く力」の2点である。

それぞれ、説明していこう。

3-1. 選択肢の品詞を見抜く力

品詞問題を解くには、選択肢の品詞を見抜く力が必要だ。

品詞は語句の形から見抜けるため、以下のパターンを覚えておくと良い(+マークをタップ/クリックで開く)。

名詞によくある語尾
形容詞によくある語尾
副詞によくある語尾

3-2. 問われている品詞の位置を見抜く力

品詞問題でもう一つ必要なのが、空白に入れる品詞を判断する能力である。

品詞の位置には一定の規則性がある。以下、代表的なパターンを覚えておこう(+マークをタップ/クリックで開く)。

名詞の位置
形容詞の位置
副詞の位置

3-3. 品詞問題マンダラ

品詞の法則性がわかっても、実際に問題集を解くと、その例外的用法に苦戦する方は多いだろう。

そこでトイグルでは、品詞問題の全出題パターンを品詞問題マンダラにまとめた。画像をタップ/クリックすると開けるため、学習の参考にしてほしい。

品詞問題マンダラ

  • 注1: 品詞問題マンダラは、Part5品詞問題で出題される、あるいは解答に必要と思われる知識に限定している。英文法の全用法を網羅しているわけではない。 
  • 注2: 動詞の用法は「動詞問題」の範疇と考えられるため、割愛した。

4. 前置詞問題対策

前置詞問題はin, for, throughなど、異なる前置詞から最も適した語句を選ぶ問題である。

例を見てみよう。

Kahawa Cafe is located _____ the waterfront and surrounded by historical buildings.

  • (A) in
  • (B) from
  • (C) among
  • (D) next to

(トイグルオリジナル問題)

正解は(D)next to. 「カハワカフェは海岸通りの隣に位置している、そして歴史的な建造物に囲まれている」の意味となる。

さて、前置詞は1つの語句に複数の意味がある多義的な語句のため、核となるイメージを知ることが重要だ。

代表的な前置詞のイメージを紹介しよう。

*前置詞in

前置詞inは、その対象物が「空間の中にいる」イメージを持っている。それが拡張的に、「期間という空間の中にいる」の感覚で使われることもある。

前置詞inのイメージ

*前置詞on

前置詞onの基本イメージは、「何かの面に接している状態」だ。前置詞onはinに比べ、やや短めの時間を表す際にも使われる。

前置詞onのイメージ

*前置詞at

前置詞atのイメージは「点」である。前置詞inは空間、前置詞onは面を表しているのに対し、前置詞atはそれよりさらに小さい点という感覚を持っている。

前置詞atのイメージ

*前置詞to

前置詞toは「動作がある方向に向かい、そこに到達する状態」のイメージを持つ。

前置詞toのイメージ

*前置詞for

前置詞forの基本イメージは「目的に向かっているが、まだ到達していない」だ。前置詞toではその目標に到達している感覚があるのに対し、前置詞forではまだ到着していない。

前置詞forのイメージ

*前置詞from

前置詞fromはtoやforの逆で、「目的地から離れていく」イメージがある。

前置詞fromのイメージ

これら基本語句を抑えた上で問題を解くことで、前置詞の知識を着実に身に着けていこう。

5. 接続詞問題対策

接続詞問題は、because, since, andなど接続詞から、最も適した語句を選ぶ問題である。

例を見てみよう。

Elizabeth Goel did not get promoted _____ she became a top performer in her department.

  • (A) despite
  • (B) since
  • (C) because
  • (D) even though

(トイグルオリジナル問題)

正解は(D) even thoughの「〜にもかかわらず」。「Elizabeth Goel氏は昇進しなかった、彼女が部署内でトップ成績になったにもかかわらず」の意味となる。

さて、英語には50を超える接続詞があるが、大きく次の3種類に分けられる。

  1. 小さな接続詞: andなど同品詞の語彙・文をつなげる等位接続詞
  2. 大きな接続詞: althoughなど文と文をつなげる従位接続詞
  3. 複合接続詞: as far asなど複数語句から成る従位接続詞

以下、それぞれの頻出頻出語句一覧を覚えておこう(+マークをタップ/クリックで開く)。

小さな接続詞
大きな接続詞
複合接続詞

6. 動詞問題対策

動詞問題は進行形・受身形など、動詞の最も適した形を選ぶ問題である。

例を見てみよう。

Melissa Osty _____ hard to win the next round of the competition in her department.

  • (A) work
  • (B) is worked
  • (C) is working
  • (D) has been worked

(トイグルオリジナル問題)

正解は(C)is working. 「Melissa Osty氏は、部署内の次のコンペで勝つため、一生懸命に働いている」の意味となる。

さて、動詞問題は時制活用の3要素を総合的に判断して解答する。

  1. : 能動態と受動態を判定
  2. 時制: 正しい時間表現を選ぶ
  3. 活用: 正しい形を選ぶ

以下、それらを簡単に解説していこう。

6-1. 態

とは、主語と動詞の意味的な関係性を指す。

通常の文章では「(主語が)〜する」のように、主語が動詞の動作主となる。主語が能動的に動作を行うから、これを能動態と呼ぶ。

対して「(主語が)〜される」のように、主語は動作の受け手になれる。主語が受動的に動作を受けるから、これを受動態(=受身形)と呼ぶ。

能動態は「主語+動詞」、受動態は「主語+be動詞+動詞の過去分詞形」を使って表す。

  • 能動態: 主語+動詞で「(主語が)〜する」
  • 受動態: 主語+be動詞+動詞の過去分詞形で「(主語が)〜される」

例を見てみよう。

  • 能動態: I locked the gate. (私が門を施錠した)
  • 受動態: The gate was locked. (門は施錠された)

動詞問題の7割近くが、能動態・受動態の区別を正しく行えるだけで正解を絞り込める。瞬間的に判断できるよう練習しておこう。

6-2. 時制

時制とは、文章の時間関係を表す概念である。英語には現在と過去の2つの時制しか存在しない。

  • 現在時制
  • 過去時制

また、同じ現在・過去であっても、それを捉える視点によって見え方が変わってくる。例えば、同じ現在でも「普遍的な現在の事実」と「現在一時的に行われていること」なら、異なるニュアンスを持つことが想像できるだろう。

そこで英語では、一般・完了・進行・完了進行の4つの視点が使われる。

  • 一般
  • 完了
  • 進行
  • 完了進行

このように、2つの時制に4つの視点があるため、英語の時制は8つのパターンに分けられる。

英語の時制

尚、英語で未来を表す際は、助動詞を使用する。助動詞はwillやcanなどに代表される語句で、その出来事が未来に起こる可能性を表す。

6-3. 活用

活用とは、動詞の形を主語に合わせて変化させることを指す。

Part5で頻出な4つのルールを覚えておこう。

  • 主語が3人称単数の現在形の場合、動詞の語尾に-sをつける (例: He works…)
  • 助動詞の直後の動詞は原形 (例: You might find…)
  • require, insist, suggest等の動詞の後のthat節内は動詞の原形 (例: He suggested that Mary go to the library. )
  • 命令形は動詞の原形 (例: Work hard!)

6-4. 動詞問題フローチャート(β版)

動詞問題は態・時制・活用以外にも、不定詞・分詞・品詞など、総合的な英文法の知識が要求される。部分的な知識の寄せ集めでは正答率向上は見込めない。

そこでトイグルでは、解き方の手順を12のステップに分けた動詞問題フローチャートを開発した。このフローチャートに従えば、一部の難問を除いた動詞問題の正解を選べるようになっている。

動詞問題フローチャート

  • 動詞問題フローチャートは、問題集等で設問を解く際の練習用です。正解を保証するものではありません。
  • 動詞問題フローチャートは開発版(β)のため、適宜修正を加える可能性があります。

7. 代名詞問題対策

代名詞問題はthey, their, themなどの代名詞から、最も適した語句を入れる問題である。

例を見てみよう。

As soon as Thiago Lima became a manager, _____ changed the start time of regular meetings.

  • (A) he
  • (B) his
  • (C) him
  • (D) himself

(トイグルオリジナル問題)

正解は(A)he. 「Thiago Lima氏はマネージャーになるとすぐに、通常ミーティングの時間を変更した」の意味となる。

7-1. 人称代名詞一覧

代名詞はthis(これ)やit(それ)のように、名詞の代わりとして用いられる特定の語句を指す。中でも、人を指す代名詞は人称代名詞と呼ばれる。

以下、人称代名詞およびその関連語句一覧を表で見てみよう。

人称代名詞一覧

一覧表から明らかなように、人称代名詞は以下の4要素の組み合わせから決定する。

  • 人称: 一人称(わたし)・二人称(あなた)・三人称(それ以外)
  • 数: 単数・複数
  • 性: 男性・女性・モノ
  • 格: 主格・目的格・所有格

一見複雑に見えるが、一度慣れたら以後は直感的に選べるようになるだろう。

7-2. 人称代名詞問題の出題パターン

人称代名詞問題は、次の5つの出題パターンが考えられる。

1. 主格が問われる問題

主格とは、人称代名詞が文の主語として使われる際の形である。

Part5では、主語の位置に空白があれば、主格が正解になる可能性が高い。

  • 例: He changed the start time of regular meetings. (彼は通常ミーティングの開始時刻を変更した)

2. 目的格が問われる問題

目的格とは、人称代名詞が動詞の目的語として使われる際の形である。

Part5では、動詞の直後、あるいは動詞+前置詞の直後に空白があれば、目的格を正解候補に入れよう。

  • 例: Smith told us that he was getting a new car. (スミスは新しい車を得ようとしていたと言った)

3. 所有格が問われる問題

所有格とは、人称代名詞が名詞の所有を表す用法である。例えば、my carなら「私の車」の意味となる。

Part5では、名詞の直前、あるいは形容詞+名詞の直前に空白があれば、所有格を正解候補に入れよう。

  • 例: All employees are advised to bring their wallet while going out for lunch. (すべての従業員は、昼食に出る間、彼らの財布を持っていくよう助言される)

4. 所有代名詞が問われる問題

所有代名詞は「〜のもの」の意味で、主語の所有物を表す用法である。

Part5では、主語あるいは目的語が空白で、意味的に「〜のもの」に合う場合、所有代名詞の可能性を検討しよう。

  • 主語に所有代名詞: Yours is better. (あなたのはより良い)
  • 目的語に所有代名詞: I took mine. (私は自分のものを取った)

5. 再帰代名詞が問われる問題

再帰代名詞は「〜自身」の意味で、行為の対象が主語自身、あるいは主語の行為を強調する際に使う。

Part5では、次の4パターンがよく出題される。

  • 動詞の目的語: We’ll hurt ourselves if we are not careful. (私たちは私たち自身を傷つける、もし注意していなければ)
  • 前置詞の目的語: We made something for ourselves. (私たちは私たち自身のために何かを作った)
  • 完全文+再帰代名詞: We planned this project ourselves. (私たちはこのプロジェクトを私たち自身で計画した)
  • 主語と動詞の間: We ourselves have tested the plan. (私たち自身でその計画をテストした)

8. 比較級問題対策

比較級問題はmoreやmostなど、比較を表す語句を選ぶ問題である。

例を見てみよう。

Malte Samad chose the data as _____ source of information on the stock market.

  • (A) reliably
  • (B) reliability
  • (C) more reliable
  • (D) the most reliable

(トイグルオリジナル問題)

正解は(D)the most reliable(最も信頼できる). 「Malte Samad氏は、そのデータを最も信頼できる情報源として選んだ」の意味となる。

比較級問題は、大きく3つの出題パターンがある。それぞれ簡潔に説明していこう。

8-1. 比較級を選ぶ問題

比較級とは「AはBよりおいしい」、「Cはより楽しかった」など、何らかの基準で物事を比較する際に使う英文法である。

  • 比較級では、形容詞・副詞の語尾に-erがつく(例: young→younger)
  • 形容詞・副詞の文字数が長めの場合、-erの代わりにmoreがつく(例: beautiful→more beautiful)
  • than(〜より)は比較級が使われる目印

8-2. 最上級を選ぶ問題

最上級とは「Aは最も〜である」のように、ある物事の中で最高の位を表す際に使う英文法である。

  • 最上級では、形容詞・副詞の語尾に-estがつく (例: young→youngest)
  • 形容詞・副詞の文字数が長めの場合、-estの代わりにmostがつく(例: beautiful→most beautiful)
  • 後ろに名詞がある場合、形容詞・副詞の前にはtheが使われることが多い

8-3. 原級を選ぶ問題

原級とは比較の-erや最上級の-estが使用される前の、素の状態の形容詞・副詞を指す。

  • 原級の形容詞・副詞は、-er/-estやmore/mostなどがつかないそのままの形
  • Part5の頻出は「as+原級+as」
  • 原級の箇所に副詞が入る問題に要注意

9. TOEIC Part5対策 おすすめ教材

これまで、Part5の解き方について説明してきた。

対策を理解したら、次は問題集を使って実践練習を積んでいこう。トイグルではオススメの教材を2つ紹介したい。

9-1. TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』は、Part5を出題パターンごとに学べる問題集である。それぞれの設問に丁寧な解説がついているため、英語初心者の方でも学習しやすい。

  • 品詞: 334問
  • 動詞: 102問
  • 前置詞 or 接続詞: 67問
  • 代名詞: 37問
  • 前置詞: 56問
  • 関係詞: 16問
  • ペア表現・語法・数・比較: 47問
  • 文法模試セット: 9回分(360問)

TOEIC®受験者なら絶対に持っておきたい1冊である。

9-2. 公式TOEIC® Listening & Reading 問題集2

『公式TOEIC® Listening & Reading 問題集2』は、TOEIC®試験唯一の公式問題集問題集の最新版である。

Part5は2回分の収録だが、最新の傾向をつかむには最適だ。他のパートも学習できるため、こちらも持っておきたい。

10. TOEIC Part5対策 おすすめアプリ

Part5対策におすすめのスマートフォン向けアプリを紹介しよう。

10-1. TOEIC®テスト文法640問1 (360円)

TOEICテスト文法640問1

Appストアの教育部門(有料)で、かつてダウンロード数第1位を獲得したアプリが『TOEIC®テスト文法640問1』だ。

問題は470点、600点、730点、860点の4段階に分かれているため、今の自分のレベルに合わせた学習ができる。すべてのTOEIC学習者が持っておくべき、必須アプリである。

10-2. もう一度!中学英文法 (960円)

もう一度!中学英文法

『もう一度!中学英文法』は、同タイトルの書籍をベースにし、中学文法をさらに細かく51項目に分解。それぞれをゼロベースから学べる、わかりやすい解説が魅力的だ。

自動添削機能「EasyWriting」も付属している。自分で入力した英文の文法チェックをしてくれるため、ライティング・スピーキング力も同時に学習できる。

11. まとめ

当エントリーでは、TOEIC®Part5の解き方ついて解説してきた。

それぞれの出題形式の詳細は、別エントリーにて紹介している。より丁寧に対策をしたい方は、こちらもぜひご覧いただきたい。

Good luck!

 

*記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

  • Pocket

10月連休集中講義!TOEIC®文法パート対策セミナー

10月7日(土)〜9日(月・祝)の3連休、TOEIC文法パート特化型セミナーを開催します!


Part5(短文穴埋め問題)に必要な対策のすべてを3日で学びます。


各時間帯限定8名様の少人数セミナーです。連休を使ってスコアアップを目指しませんか?


詳細&申込み

コメント

  1. tomato より:

    Part5頻出の前置詞一覧に
    because とbecause ofがありますが、
    どちらも前置詞として使えるのでしょうか?

  2. 田邉竜彦 より:

    >tomatoさま
    ご質問ありがとうございます。
    becauseとbecause ofは正確には接続詞なのですが、前置詞問題に頻出のため、ここで紹介した次第です。

  3. a より:

    パート5を速く解くコツを教えて下さい
    品詞で考える問題はすぐに解けますが、単語の意味から考える問題に時間がかかります
    ちなみに、意味で考える問題は文章を訳して解いています
    ひょっとして、解く練習をするより、捨てる事を考えた方がいいのでしょうかね?

    現在の実力は旧方式で500程度
    目標は680です。
    Readingの時間が足りません

  4. 田邉竜彦 より:

    >aさま

    ご質問ありがとうございます。
    ———-
    Part.5の解答時間を速くする一番の方法は、英語力そのものを向上させることです。TOEICは英語の試験なので、テクニックよりも実際の英語力がスピート及び正答数アップの基本となります。
    ———-
    しかし、現在のレベルのままでも戦略的に解くことによって、リーディングスコアの大幅な改善は可能です。
    aさまの得意・不得意分野を存じ上げないので、あくまで一般論として例を挙げます。
    ———-
    1.リーディングセクション全体はPart5とPart6を合わせて20分で終わらせ、残り55分をPart7に当てるのが理想です。多くの方がPart5と6に30分以上の時間をかけてしまい、Part7の途中までしか解けず、後半何十問を適当にマークしている状態です。しかし、Part7は設問数が54とリーディングセクションの過半数を占めるのに加え、答えのヒントが本文中に書いてあるのが特徴です。Part7に時間をかけることが、リーディングスコアアップのポイントとなります。
    ———-
    2.Part5とPart6を20分で終わらせるには「捨てる勇気」が必要です。仰るように品詞問題などのすぐ解けるものを優先し、文章全体の意味を捉えないと解けないような問題や、難易度の高い単語が使われている後半の問題は、思い切って捨ててしまう必要があります。Part6の文章挿入も時間がかかるので、こちらも捨て問題とします。日頃からたくさんの問題を解くことで、本番時に「確実に正解したい問題」と「捨ててもいい問題」を予め理解しておくことが重要です。
    ———-
    尚、TOEICはマークシートなので、捨てると言っても空白のままにするのではなく、適当なところにマークしてください。よって「20分以内に全問を解く」というより、「20分で切り上げる」といったイメージをお持ちになると良いかと思います。
    (20分でPart5とPart6をきちんと解ければ、800点は超えるでしょう)
    ———-
    3.時間管理のコツは練習あるのみです。模試等を使って時間を測りながら、リーディング100問を通しで解いてみてください。最初は「Part5をもうちょっと解きたい…」の誘惑にかられるかもしれませんが、大切なのはリーディング全体でスコアを上げることです。何度も練習をすれば、時間配分のコツが身につくはずです。
    ———-
    ご参考にしていただければ、幸いです。

  5. K より:

    接続詞の欄に接続詞ではないものがありすぎて、、、
    howeverとかdespiteとかin spite ofとか
    修正された方がよろしいのかと

  6. 田邉竜彦 より:

    >Kさま
    ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  7. K より:

    8-3に関して、littleとfewの説明が最悪ですね。
    littleとfewは前にaが付くのと付かないのでは肯定と否定で意味が大きく異なってきますよね。
    また、不可算のanyとsomeの訳が「いくつかの」はいくらなんでも酷すぎるのではないでしょうか。数えられないのに数えてるじゃないですか。
    修正お願いします。

  8. 田邉竜彦 より:

    >Kさま

    ご指摘ありがとうございます。
    該当箇所、ただ今修正いたしました。

  9. ろんちゃん より:

    とてもわかりやすい内容でした!ありがとうございます!

  10. 田邉竜彦 より:

    >ろんちゃん様

    コメントありがとうございます。
    学習の参考にしていただければ、幸いです。

コメントを残す

*