TOEIC当日に必ず持って行くべき10個の持ち物

TOEIC 持ち物

TOEIC当日の持ち物は重要だ。これは受験票に書かれている必須の持ち物だけでなく、コンディションを上げベストパフォーマンスを発揮できるようなアイテムを持参することが望ましい。

そこでトイグルでは、TOEIC当日に必ず持って行きたい持ち物10個を紹介しよう。TOEICでハイスコアを獲得した先人の知恵が詰まった、スコアを上げるための持ち物リストである。

*目次

  1. TOEIC当日に必須の持ち物
  2. TOEICスコアを上げる持ち物
  3. まとめ

1. TOEIC当日に必須の持ち物

はじめに、TOEIC協会が指定している必須の持ち物を紹介しよう。

1-1. 受験票

TOEIC受験票

受験票とは、TOEIC本番の約2週間前に郵送されるはがきのことを指す。

受験票がなければ、当日会場に行っても受験を拒否される可能性がある。非常に大切なものなので、確実に持っていくようにしよう。

尚、受験票の内側には予め証明写真を貼り付け、自筆のサインをしておく必要がある。

1-2. 写真付きの本人確認書類

TOEIC 持ち物

TOEIC会場では、写真付きの本人確認書類の提示が義務付けられている。次の6種類のうち、いずれか1つを持参しよう。

  1. 運転免許証
  2. 学生証
  3. 社員証
  4. パスポート
  5. 個人番号カード
  6. 住民基本台帳カード

言うまでもなく、すべて有効期限内である必要がある。

※日本ではあまり聞かないが、外国では様々な試験で替え玉受験が問題となっている。もし不正が起きれば、TOEICの権威と地位が著しく低下する結果となりかねない。面倒であっても本人確認にはきちんと協力しよう。

1-3. 筆記用具

TOEIC 持ち物

筆記用具として、HBの鉛筆またはシャープペンシルと、消しゴムの利用が認められている。

さて、多くの学習者が市販の0.5mmの芯が入ったシャープペンシルを使っていると思われる。しかし、これではマークシートを塗るために3〜4往復しなくてはならないため、時間がかかってしまう。

そこで、マークシート専用の1.3mmシャープペンシルを使おう。2倍以上の太さの芯が入っているため、1〜2往復のみでマークシートをキレイに塗ることができる。

TOEICは200問あるため、1問につき3秒短縮できたとしても、約10分を節約することができる。リスニングパートであれば先読みが効率化し、リーディングパートでは問題を解くための貴重な時間が生まれるのだ。

1-4. 腕時計

TOEIC 持ち物

TOEICでは、試験中に時間のアナウンスは行われない。リーディングセクションは時間配分が鍵となるため、必ず腕時計を持っていく必要がある。

尚、携帯電話・スマートフォンを時計代わりに使用することは禁止されている。ストップウォッチや置時計も使用できない。

筆者は腕時計をしない人間のため、TOEIC用に安いものを購入した。当日装着し忘れるのを防ぐため、前日には鞄の中に入れておいている。

2. TOEICスコアを上げる持ち物

次に、あなたのパフォーマンスを最大限に発揮し、TOEICスコアアップに貢献してくれるいくつかの持ち物を紹介しよう。

2-1. カーディガン

TOEIC 持ち物

TOEICは大学の大教室を借りて行われることが多い。そのため空調設備があまり良くなく、春夏であっても寒いことが多々ある。

そこで、TOEIC当日には必ずカーディガンを持っていくようにしよう。冬であっても試験中にコートを羽織るのは邪魔になるため、一枚羽織れるものを持参するとよい。

2-2. ポータブル音楽プレイヤー

TOEIC 持ち物

試験当日の電車に乗っていると、多くのTOEIC受験者と思われる人が、参考書や単語帳を目にしている光景を見ることができる。

もちろんそれはそれで有益な行為だが、TOEICはリスニングセクションから始まる試験である。当日、朝起きてから一切英語を聞かずにいきなりリスニングを解こうとすると、脳が慣れていないため固まってしまうことがある。

そこで、何かしらの英語の音声が入ったポータブル音楽プレイヤーを持参しよう。少し早めに会場に到着したら、英語の音声を聞いているとよい。それだけでリスニングスコアが伸びる可能性があるのだ。

※音声を聞きながら道を歩くと、思わぬ事故や怪我の原因となる。音楽プレイヤーの使用は会場に着いてから聞くようにしよう。

2-3. スマートフォン

TOEIC 持ち物

TOEIC直前になったら、問題の解き方や勉強方法の参考書を読んでも、すぐに効果はでない。

そこで、当日対策のテクニックや覚えていない単語を予めまとめておき、それをスマートフォンで見ると良いだろう。トイグルでも本番直前の対策をまとめているため、興味がある方はぜひともご一読いただきたい。

2-4. 軽食

TOEIC 持ち物

TOEICは12時30分の受付終了から15時15分の試験終了まで、約3時間拘束される。ちょうどお昼時の時間から始まるので、試験中にお腹が空いてしまうことが多々ある。

TOEIC当日は、会場近くのコンビニは激しく混雑している。そこで、試験前に軽く食べれるものを持っておくと良いだろう。集中力に大きな差が出てくることが、実感できるはずだ。

尚、会場内では飲食できるスペースは設けられていない。近隣の人たちの迷惑にならない場所で、速やかに食べてしまいたい。ゴミ袋の持参も忘れずに。

2-5. 眠気覚ましドリンク

TOEIC 持ち物

最後に紹介する持ち物が、眠気覚ましドリンクである。

TOEICは2時間で200問を解くため、高い集中力が必要となる。はじめのうちは集中できても、気が付くと意識が飛んでしまっていることが少なくない。

最高の結果を得るためにも、試験直前に眠気覚ましドリンクを飲んでおくようにしよう。頭をすっきりさせ、フル回転で試験を乗り切ることができる。

ただし、トイレが近くならないように飲む量は少なめに抑えたい。また、カフェインが苦手な方は別のタイプのドリンクを試されるとよいだろう。

3. まとめ

当エントリーでは、TOEIC当日に持参すべき持ち物を紹介した。努力の成果を120%発揮するためにも、「備えあれば憂いなし」の精神で挑みたい。

*当記事を読んでもっと知りたいと思った方は、次のエントリーも参考にしていただきたい。

Good luck!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料TOEIC問題をやってみよう!

Part5形式の文法・単語問題を無料で解ける、オリジナルTOEIC問題を用意しました。


解答後はTOEIC予想スコアを見て、今の実力を知ることができます。


解答・解説編も無料ダウンロードできます。ぜひともプレイしてみましょう!


やってみる

コメント

コメントを残す

*